ホフクゼンシン

期間限定復活

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12月読書まとめ

1月ももう半ばですが12月のまとめ!
「きみがぼくを見つけた日」を読むのにかなり時間がかかって逆に「聖女の救済」は図書館の返却日が迫ってしまったためあっちゅう間に読みました。
この月の読書履歴でもわかりますが、私は映像化する小説を読むのが好きなんです。まあ、映像化するといことは面白いということなんだろうていうのもありますが、基本的には映像化の前に読みたいと思ってるから。大抵の場合映画やドラマやアニメが原作より面白いということはあまりありません。もちろん違うメディアなので比べることではないのですけど、ストーリー的面白さだけで考えた場合絶対的に原作のが面白いです。なのでできれば映像化したものよりも一番最初、ネタバレしない前に原作を読みたいと思う。その後で映像という色がつく方が好きなので。


「きみがぼくを見つけた日」は結局映画の方が先になっちゃって、映画をあんまり面白いとは思えなかったので原作を読んでみようと思ったのだけど、原作もあまりよくわからなかったな~。う~ん、アメリカ人が当たり前に持つ感覚てのはやはり日本人の私にはわからないのでそれが原因なのかしら?と思うんだけど…。

「ミレニアム」の方は東京では昨日から映画が公開されてるみたいだけど名古屋は今月末の30日(土)からだそうです。これは逆にスウェーデンという全然とっつきない国の社会がかなり物語に絡んでるんだけど全然面白かった。う~ん、問題はキャラクターの描き方?最初はそれほどでもなかったけど最後まで読むとかなり主役のリスベットが好きになってるんだよね。もう一人のミカエルもジャーナリスト精神は素晴らしいのに人間としてはどっか抜けててかわいい(笑)映画も魅力的な二人だといいな~。リスベットの容姿がかなりどぎついけどww小説だとたしかに描写はあるけど常にそれを頭に想像してるわけじゃないからそれほど気にしてないのよね。
鼻ピすごい…でも唇がすごいキレイな女優さんだな~。ちゃんと貧乳であることを願う(笑)

映画



12月の読書メーター
読んだ本の数:5冊
読んだページ数:1970ページ

ミレニアム1 ドラゴン・タトゥーの女 下ミレニアム1 ドラゴン・タトゥーの女 下
下巻は一気に1日で読み終わってしまった。図書館の返却期限が迫ってたことも要因の一つなんだけれど。失踪事件真相はそれほどビックリするような展開でもないんだけどやっぱりこれはエンターテインメントなんだよな~。スピード感と読みやすさがあるので読んでるときはどんどん進むし楽しい。そしてだんだんリスベットのキャラクターが愛らしくなってくる。特に初恋に気づいちゃうところではこっちが胸キュンしてしまうほど。悩んだえにニセ乳を捨てなかったところで完全に彼女のファンになりました(笑)
読了日:12月13日 著者:スティーグ・ラーソン
ミレニアム1 ドラゴン・タトゥーの女 上ミレニアム1 ドラゴン・タトゥーの女 上
日本経済すらわからない私がスウェーデンの経済についてのうんぬんなんて楽しめるはずがない!・・・というのは大きな間違いだった。話はさらに思わぬ方向に進んでいくけどこれはまぎれもないエンターテインメント!ページを繰る手が止まらない!!
読了日:12月12日 著者:スティーグ・ラーソン
トワイライトIV 下 (ヴィレッジブックス)トワイライトIV 下 (ヴィレッジブックス)
出版社の陰謀としか思えないこの文庫:トワイライト4。新書も持ってる自分としては本当に買う意味がない。なのに買ってしまう。だから出版社がこういう売り方するんだよな・・・悪循環。唯一J視点のこの部分は実はお気に入り。エドベラ派の私ですがやっとここでJが本来の運命の相手と出会えるのでよかったよかったと長年のうざさが取りさらわれてスッキリするからかもしれない(笑)まあ、でもJ単体はすごく好きなんですけどね。
読了日:12月11日 著者:ステファニー ・メイヤー
聖女の救済聖女の救済
なんでこんな男に惹かれるのか?という意見が多いけれどそこは逆で女性が寄ってくる男だからこそああいう考えができたんだと思う。彼女が彼との結婚を最終的に決意した理由はなんとなくわかる気がした。愛を信じてもいただろうしいつか自分を捨てるだろうと予想もしていた。救済の日々は穏やかでずっとこんな生活が続けばいいとも思い、その一方で鉄槌を下すことも待ち望んでもいた。きっとどちらに転がってもそれが望みだったんだろう。
読了日:12月08日 著者:東野 圭吾
きみがぼくを見つけた日 上巻 (ランダムハウス講談社文庫)きみがぼくを見つけた日 上巻 (ランダムハウス講談社文庫)
生活様式の違いのせいなのか登場人物の気持ちがわかりづらくてとても読みづらかったです 最初の出会いと最後の結婚式の部分は好きなんだけどな~
読了日:12月07日 著者:オードリー・ニッフェネガー

読書メーター

スポンサーサイト
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。