ホフクゼンシン

期間限定復活

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8月の読書まとめ

今月はわりと早めに先月8月のまとめです。
8月は怒涛の米澤穂信!!その勢いはいまだに続いています。多分今月中に既刊全部読みそうな勢い。まあ、図書館で順番がうまくまわってこればなんだけど。
もともとこの人を知ったきっかけは私の人生の宝物「るろうに剣心」の作者:和月伸宏氏がどこかで「最近米澤穂信を読んでいます」と書いた文章をみたこと。好きなクリエイターの好きな作者ということでチェックしてみようとその足でブックオフへ。そのとき唯一ゲットしたのが「夏季限定トロピカルパフェ事件」でした。
で、これはかなり前の話で3年くらい経つのかな?正直最初にこれを読んだとき全然面白いと思えなくて日常の謎といってもわりと簡単な話なのでなんとなく直感で解けてしまうからミステリーとしては物足りないし、主役の2人の性格がどうにも肌に合わず。なんか「自分たち小市民になりたいんです~」ていうのがどうも鼻につくっていうか。小市民になりたいってことは自分たちがほかよりも優れた人間であるという自意識があるからこそなわけで、そういうちょっと上から周りを見てる態度がどうも好きになれずだったのです。
「まあ、一冊だけじゃわからないし」とは思ったので他を読んでみようとは思ってたけどなかなかきっかけがなく忘れかけていたところに、今回の「秋期限定栗きんとん事件」が発売されたので「また米澤穂信いくか!」と春期と古典部に手を出してみました。

結果、面白かったんだよね~。
相変わらず小市民のほうはメイン二人が鼻にはつくし、謎はけっこう直感でわかっちゃうし、古典部は登場人物は小市民よりは高校生らしくてかわいらしいけど、やっぱりあの持って回ったような言い回しとかわざと使われる小難しい言葉とかが「僕はこんなに物知りさんです」といわれてる気がしてイラっときたりもするんですが、なんかリズム馴染んだというか。
通勤電車での読書にはすごくうってつけなんです。特に朝。とにかくタッチが軽いし、(実際の重量も軽い)小難しい言葉で朝から頭まわせるし、日常のささいな謎解きもこれまた頭の体操になるし。だいたい通勤時間とお昼だけで読んでも4,5日くらいで読み終われちゃうしね。

現在小市民は秋期まで読んでしまったのであとは古典部のみ。全部読みきっちゃったらちょっとかなしいな~。



8月の読書メーター
読んだの数:8冊
読んだページ数:1653ページ

秋期限定栗きんとん事件〈上〉 (創元推理文庫)秋期限定栗きんとん事件〈上〉 (創元推理文庫)
まさかの一年またぎ!秋期限定なのに早々に秋が終わったのでびっくりしました。それにしても小佐内さんはともかく小鳩くんに彼女ができるなんて!!
読了日:08月31日 著者:米澤 穂信
氷菓 (角川スニーカー文庫)氷菓 (角川スニーカー文庫)
コバトくんよりはホータローのが健全な高校生でかわいらしいw米澤作品は通勤時間に読むと軽くて頭の体操にもなるのでとても良いですね。
読了日:08月28日 著者:米澤 穂信
のだめカンタービレ #22 (講談社コミックスキス)のだめカンタービレ #22 (講談社コミックスキス)
コンサトのところは思わず涙ぐんでしまった。負けんなのだめ!!
読了日:08月10日 著者:二ノ宮 知子
なんて素敵にジャパネスク 〈8〉 炎上編なんて素敵にジャパネスク 〈8〉 炎上編
漫画の続きが気になって読んじゃった。やっぱりジャパネスクは悲恋だよね~。できれば誰も欠けることなく幸せになってほしかったな~。
読了日:08月10日 著者:氷室 冴子
なんて素敵にジャパネスク 〈7〉 逆襲編なんて素敵にジャパネスク 〈7〉 逆襲編
漫画の続きがどうしても気になって・・・。そこの部分からのみ。
読了日:08月09日 著者:氷室 冴子
春期限定いちごタルト事件 (創元推理文庫)春期限定いちごタルト事件 (創元推理文庫)
通勤時間にちょっとずつ読むのにすごくよかった。美術部の話は最初にすぐにピンと来た私、推理力はないけど直観力は小鳩くん以上かしら?
読了日:08月07日 著者:米澤 穂信
龍の花わずらい 7 (花とゆめCOMICS)龍の花わずらい 7 (花とゆめCOMICS)
申し訳ないがこの最終巻に星をつけるとしたら☆0です!ただただ最後の選択が受け入れられないそれだけゆえにゼロです!!それっくらい思い入れをもてる作品を生み出してくれた草川先生には感謝☆でもそれでもごめんなさい!無理です!!詳しい(てか長い)感想はブログにて。
読了日:08月06日 著者:草川 為
トワイライト 上 (1) (ヴィレッジブックス F メ 1-1)トワイライト 上 (1) (ヴィレッジブックス F メ 1-1)
【再読】「でも、ぼくはもうきみを返さないかもしれないよ」このセリフ、ヤバイぃ!!
読了日:08月04日 著者:ステファニー・メイヤー

読書メーター

スポンサーサイト
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。