ホフクゼンシン

期間限定復活

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

輝夜姫 ※辛口&まあまあネタバレ

正直読んだ時間を後悔してしまいました。

輝夜姫 第1巻 (白泉社文庫 し 2-16)輝夜姫 第1巻 (白泉社文庫 し 2-16)
(2007/05)
清水 玲子

商品詳細を見る


過去に同じ島で育った子供たちが年を経てまた出会うわけで一体彼らはなぜその島にいたのか。彼らの共通点とはなんなのか。ということがだんだんに明かされていく…というよりは明かされる時はなんかいきなりばっさり秘密が明かされてそっからその明かされた秘密とはあまり関係ないんじゃ?というよくわからない展開がしばらく続いた後、実はさらにこうでしたという秘密が明かされ、しかしまたしてもそれだからという展開には思えない話がまた続き…の繰り返し。
(場所が日本から中国いったり、今までまったく出てこなかった人物が突然メインに出張ってきたりとにかく急に方向が変わる)
話が一本に通ってたとはとても言い難い。月刊で読んでいればこの二転三転も楽しかったのかな。
もう少しいろんな部分をすっきりさせれば「かぐや姫」になぞらえた月と地球の関係性などネタとしてはとても面白かったのに残念。

しかし話以上にどうも腑に落ちないのは晶の魅力。
外見的には確かに素敵で目の保養ですが、それ以上に人を惹きつける魅力が特にない。
島で育った彼らに対しては「かぐや姫」だからというだけでなんとか納得させざるを得ないのかもしれないが(それも飲み込みづらいんだけど)。
彼女が「かぐや姫」になったのは事件が起きた後であって最初に島に来た時はほかの子と同じ存在だったわけだから最初から惹かれるはずもないし、そう考えると赤ん坊の時から彼女を知っていた最後にでてくる「おじさん」の偏愛はだいぶおかしい。(いや、彼には自分が助けたという執着がそもそもあったのかもしれないのだが、帝の子孫でそれゆえにかぐや姫に惹かれるというのが最初からなのはおかしい。晶がかぐや姫になったのは島を出る時なので)
晶がほかの子と違って「かぐや姫」で特別なんだというのがいまいち薄いいんだよね。
それだったらよっぽど由のが「かぐや姫」だと思うんだよな。
晶と由を同キャラクターにして由の設定を晶につけてくれたほうが納得&スッキリする。

なので各人の晶への劣情(といってもいい気が…)が絡むととたんに白けるのだけど、ほかのメンバーたちのそれぞれの繋がりはグッとくるところもあったりします。
後、晶がなんで由が好きなのかもいまいちよくわかんない。
小さい頃から3人仲良かったのはわかるけど、読んでる限りどうしても由と碧がフォーカスされすぎてて(それは晶も感じてちゃんと出てはくるんだけど)この2人以上の感情と絆が晶から由、また由から晶に流れていたと感覚的に納得できないのです。(出会ったその瞬間にというけれどそれだけで特別になったというならもっとそこの色濃い描写があってよいのでは…)
う~、その辺は正直、作者が描きたいのが由と碧で、晶絡みのところは物語上必要ではあるけど自分はそんなに描きたいとは思ってなかったんじゃないだとろうか…熱の入れ具合がに差を感じた。
(まゆ関連の晶描写のがよっぽど力入ってた。もうまゆと晶でよかったのに)

まあ、でも長い話なのでこの巻数分この漫画読むならその時間ほかの漫画読む方をおススメします。
同じ「かぐや姫」ネタならなるしまゆりの『プラネット・ラダー』のがよっぽどよく出来てる。


プラネット・ラダー 1―惑う星のあなない (クリムゾンコミック)プラネット・ラダー 1―惑う星のあなない (クリムゾンコミック)
(1998/12)
なるしま ゆり

商品詳細を見る

スポンサーサイト

12月読書まとめ

1月ももう半ばですが12月のまとめ!
「きみがぼくを見つけた日」を読むのにかなり時間がかかって逆に「聖女の救済」は図書館の返却日が迫ってしまったためあっちゅう間に読みました。
この月の読書履歴でもわかりますが、私は映像化する小説を読むのが好きなんです。まあ、映像化するといことは面白いということなんだろうていうのもありますが、基本的には映像化の前に読みたいと思ってるから。大抵の場合映画やドラマやアニメが原作より面白いということはあまりありません。もちろん違うメディアなので比べることではないのですけど、ストーリー的面白さだけで考えた場合絶対的に原作のが面白いです。なのでできれば映像化したものよりも一番最初、ネタバレしない前に原作を読みたいと思う。その後で映像という色がつく方が好きなので。


「きみがぼくを見つけた日」は結局映画の方が先になっちゃって、映画をあんまり面白いとは思えなかったので原作を読んでみようと思ったのだけど、原作もあまりよくわからなかったな~。う~ん、アメリカ人が当たり前に持つ感覚てのはやはり日本人の私にはわからないのでそれが原因なのかしら?と思うんだけど…。

「ミレニアム」の方は東京では昨日から映画が公開されてるみたいだけど名古屋は今月末の30日(土)からだそうです。これは逆にスウェーデンという全然とっつきない国の社会がかなり物語に絡んでるんだけど全然面白かった。う~ん、問題はキャラクターの描き方?最初はそれほどでもなかったけど最後まで読むとかなり主役のリスベットが好きになってるんだよね。もう一人のミカエルもジャーナリスト精神は素晴らしいのに人間としてはどっか抜けててかわいい(笑)映画も魅力的な二人だといいな~。リスベットの容姿がかなりどぎついけどww小説だとたしかに描写はあるけど常にそれを頭に想像してるわけじゃないからそれほど気にしてないのよね。
鼻ピすごい…でも唇がすごいキレイな女優さんだな~。ちゃんと貧乳であることを願う(笑)

映画



12月の読書メーター
読んだ本の数:5冊
読んだページ数:1970ページ

ミレニアム1 ドラゴン・タトゥーの女 下ミレニアム1 ドラゴン・タトゥーの女 下
下巻は一気に1日で読み終わってしまった。図書館の返却期限が迫ってたことも要因の一つなんだけれど。失踪事件真相はそれほどビックリするような展開でもないんだけどやっぱりこれはエンターテインメントなんだよな~。スピード感と読みやすさがあるので読んでるときはどんどん進むし楽しい。そしてだんだんリスベットのキャラクターが愛らしくなってくる。特に初恋に気づいちゃうところではこっちが胸キュンしてしまうほど。悩んだえにニセ乳を捨てなかったところで完全に彼女のファンになりました(笑)
読了日:12月13日 著者:スティーグ・ラーソン
ミレニアム1 ドラゴン・タトゥーの女 上ミレニアム1 ドラゴン・タトゥーの女 上
日本経済すらわからない私がスウェーデンの経済についてのうんぬんなんて楽しめるはずがない!・・・というのは大きな間違いだった。話はさらに思わぬ方向に進んでいくけどこれはまぎれもないエンターテインメント!ページを繰る手が止まらない!!
読了日:12月12日 著者:スティーグ・ラーソン
トワイライトIV 下 (ヴィレッジブックス)トワイライトIV 下 (ヴィレッジブックス)
出版社の陰謀としか思えないこの文庫:トワイライト4。新書も持ってる自分としては本当に買う意味がない。なのに買ってしまう。だから出版社がこういう売り方するんだよな・・・悪循環。唯一J視点のこの部分は実はお気に入り。エドベラ派の私ですがやっとここでJが本来の運命の相手と出会えるのでよかったよかったと長年のうざさが取りさらわれてスッキリするからかもしれない(笑)まあ、でもJ単体はすごく好きなんですけどね。
読了日:12月11日 著者:ステファニー ・メイヤー
聖女の救済聖女の救済
なんでこんな男に惹かれるのか?という意見が多いけれどそこは逆で女性が寄ってくる男だからこそああいう考えができたんだと思う。彼女が彼との結婚を最終的に決意した理由はなんとなくわかる気がした。愛を信じてもいただろうしいつか自分を捨てるだろうと予想もしていた。救済の日々は穏やかでずっとこんな生活が続けばいいとも思い、その一方で鉄槌を下すことも待ち望んでもいた。きっとどちらに転がってもそれが望みだったんだろう。
読了日:12月08日 著者:東野 圭吾
きみがぼくを見つけた日 上巻 (ランダムハウス講談社文庫)きみがぼくを見つけた日 上巻 (ランダムハウス講談社文庫)
生活様式の違いのせいなのか登場人物の気持ちがわかりづらくてとても読みづらかったです 最初の出会いと最後の結婚式の部分は好きなんだけどな~
読了日:12月07日 著者:オードリー・ニッフェネガー

読書メーター

11月読書まとめ

またしてもやってきました!“読書まとめ”
最近ブログの更新がこれしかない。にも関わらず先月は3冊しかもうち2冊は漫画!終わった~。

バクマンは漫画家目指す友達が熱く薦めてくれたので読んでみたところヒット!こういう裏話とかうんちくとか好きなので。
ただ一巻で普通の会社員になって生きるなんてつまんね~から漫画家になる!というようなセリフがあったけどあれは間違いだ。普通の会社員になったって楽しく生きることはできる。仕事に楽しみを見出せるかは個人の嗜好次第であって“こういう仕事はつまらない仕事”なんて定義は絶対にできない。
この漫画を読む子供は当然漫画が好きな子だろうから漫画家という職業は会社員より全然かっこいいし楽しいだろうと思うかもしれない。けれど、それは君たちが漫画を好きだからであって漫画に興味ないような人からすれば毎日こんなん描いてなにが楽しいんだ?て思われてるかもしれない。
漫画家はほとんどが好きでやってる人ばかりだから素晴らしい職業のように思われて、好きでもないのにやってない会社員が多いから普通のサラリーマンはつまらないと短絡に考えてほしくはないと思う。実際私は仕事好きだしやっていて楽しい。
何より世界が広がっていくことの楽しさは自分がまったく興味のなかった分野に進んだときのが大きいかもしれない。自分の好きなことだけが世界の頂点だというような考え方は自分をつまらない人間にするだけだと思うので、若い人が読む漫画であまりそういうことを極端に言うのはどうかと思う。


のだめはついに最終巻、正直前巻までの話の盛り上がりのがすごくて最終巻なのに急速にしぼんだ感じはした。
ただ押して押して最後に爆発するような結末ではなく、最後の最後に原点へ戻っていく結末にだったのは作者の中ではきっと自然な流れだったんだろうと思った。
最後まで読み終えて思うことは、この物語「のだめがまともに音楽と向き合えるようになるまでと千秋がまともに恋愛に向き合えるようになるまで」を描いたものだったんだな~と。

先日映画の最終章を観たけれど、やっぱりクラシック音楽って素晴らしいと思った。
でもその音がなくてもいかに素晴らしい音がこの瞬間に流れているかを絵で表現してくれたこの作品はその漫画技術だけで完全に完成されているなと、千秋が涙したのだめのあの演奏を見て涙したときオーケストラを聴いたのと同じような感情の揺さぶりがあった。きっと彼女の真の音楽はこの世のどこにもない、あの漫画の絵の中にしかないのだろう。
ドラマ・映画・アニメはオマケみたいなもんだ。

メディエータはとてつもなく読みやすくて、主人公が爽快この上ないので夜寝る前の読書にとても快適。
ゴーストの雰囲気も出るしね☆



11月の読書メーター
読んだ本の数:3冊
読んだページ数:747ページ

のだめカンタービレ #23 (講談社コミックスキス)のだめカンタービレ #23 (講談社コミックスキス)
千秋の前に泣き出してしまった私 神様に与えられたのだめの才能ホントに一度聞いてみたいな
読了日:11月27日 著者:二ノ宮 知子
ゴースト、好きになっちゃったゴースト、好きになっちゃった
ジェシーがついに!
読了日:11月17日 著者:メグ・キャボット,代田 亜香子,Meg Cabot
バクマン。 5 (ジャンプコミックス)バクマン。 5 (ジャンプコミックス)
この漫画の好きなところはとにかく熱いとこ!オレもやったる!て気持ちにさせてくれる。
読了日:11月11日 著者:大場 つぐみ

読書メーター

10月読書まとめ

11月ですね~。11月はわりとどうでもいいので早く終わってほしい。
というわけで11月になったとたんの10月の読書まとめです。最近更新こればっかりだあね。

先月はファンタジー月間かな。
なぜか急にアニメの「獣の奏者エリン」を観だしたら原作の方が読みたくなって文庫が出てたこともあり購入。アニメもわりと好きなんだけど割と思いエピソードとかを子供にもショックなく描くために出てきてるんだと思われるあのデカチビの2人組みがすごくいらない。あの2人さえいなければ大幅な改編はそんなに気にならないんだけど…。あの2人だけはダメだ~。そして王獣のバランスの悪さが気になって仕方ないな。というかなぜか王獣は鳥面を想像しちゃってたんですよね。ちゃんと顔は狼みたいって書いてるのにさ~ぁ!
十二国記は人生に迷ってるときとかによく読みます。結構心に響く言葉が多くてね。中でも楽俊の言葉を聞いてると背筋伸ばして今日もがんばらねば!という気になる。楽俊はそれを気負わず自然に思わせてくれるから大好き。彼に拾われたら当にこんな私でも生まれ変われるんじゃないかという気になるもんね。
十二国記もアニメ、陽子と一緒に渡ってきた同級生2人いらんかったな。“人間は十二国から蓬莱には渡れない”て原作にしっかりと書かれてる設定も無視だし。あとアツユ(漢字探すの面倒です)の話で延王が「ここにもう一人の俺が眠っている」だかなんだか言ったセリフも気に入らない。小説では対比されてたの更夜と六太でアツユと尚隆じゃないのに…。
そして最大に気に入らないのが最後に楽俊が慶の大学に編入してくるってやつ。もうはぁ~???と思ったね。だって慶なんて復興もままならない状態で大学がきちんと機能してるかもわからないし、エン国(漢字出てこない)の大学は十二国一、最大国の奏国よりもすごいとこでそこを主席で入れちゃったくらい楽俊はすごかったのになんで編入しなきゃならんのだよ。
なんか近くにいないとお互いがんばれないみたいな2人の友情をうすっぺらいものにされたのがとても不愉快でございました。
一番好きな図南はやらなくてよかったかも。供麒のデザインちょっとひどかったし。まあそれはいいか、どうせ最後の最後に殴られるくらいしか出番ないからww珠晶の声もちょっと想像とは違ったのでやっぱりやらなくてよかったかも。でもいつか映画にならないかな~と思ってる、キャスト変えて。

漫画は3冊、コルセットはまだちゃんと買い続けてる。ついにバードさんとクリスがあったのよ!前巻ほとんど地ならしで今巻で動き出し、次巻ちょっと波乱ありみたいな気がする。楽しみだ!
ゴーストも次回最終巻ぽい?でも一番最新の話もやるとしたらまだもうちょいあるかな。
そして観用少女!これ大好きなんですけどね。もう続きないの当に寂しい…。もっともっとたくさんの少女の物語が読みたかった。感想にも書いてるように一番好きなのはメランコリィの花冠、あと割りと自分に近いかな~て感じで好きなのが女優さんの話。誰かのために笑顔で待ってるより、笑顔で待ってる人のためにがんばりたい人間だった~みたいなくだりに、なるほどな~と思いました。私もどちらかというとそっちかなぁ。

植物図鑑はいつもどおりの有川節でそこが好きなんだけどそこが嫌だったりでこの人の書く話を読むときはいつも複雑。男子の心理がね、ありえないのが…。うん、ありえないのは当然なんだけど少女小説のような清廉潔白な男が女性の理想どおりの男でも絵に描いた餅なので別にいんだが、変に欲望とか持ってる男を描いててなおかつ女性の望どおりだからちょっと寒くなるんかな。
ただ、今回の感想はけっこうHITだったみたいで☆たくさんいただきました!わ~い☆

長くなったけどもそんな感じの10月。
再読が多くてなかなか新刊をじっくり読むだけの気力が確保できなかった月でしたね。図書館で借りても読みきれずに返すことが多かったな。



10月の読書メーター
読んだの数:9冊
読んだページ数:2438ページ

獣の奏者 2 王獣編 (講談社文庫 う 59-2)獣の奏者 2 王獣編 (講談社文庫 う 59-2)
読了日:10月29日 著者:上橋 菜穂子
図南の翼―十二国記 (講談社X文庫―ホワイトハート)図南の翼―十二国記 (講談社X文庫―ホワイトハート)
夜中に流し読み~シリーズの中で一番好きな話。私もわりと恵まれた環境で育った人間なので珠晶の言うことに共感・感銘します。
読了日:10月29日 著者:小野 不由美
獣の奏者 1 闘蛇編 (講談社文庫 う 59-1)獣の奏者 1 闘蛇編 (講談社文庫 う 59-1)
文庫が出たので購入。さらっと再読。記憶に残ってたよりも文章がずっと易しかった。ちゃんと児童といわれる年齢の読者にわかるように書かれてるんだな~。子供のころにこんな話を読んだ子はどんな大人になるのかしら。
読了日:10月26日 著者:上橋 菜穂子
植物図鑑植物図鑑
これぞ正しき草食系男子!「マテ」と「ヨシ」は2つそろって初めて成り立つもの。男子は「マテ」だけできてもダメ!「マテ」ができないような男はもっとダメ!てとこかな?出てくる草料理は興味深くはあるけれど狩って料ってくれる人がいなければ自分ではやらないな~。
読了日:10月25日 著者:有川 浩
コルセットに翼 5 (プリンセスコミックス)コルセットに翼 5 (プリンセスコミックス)
読了日:10月24日 著者:もと なおこ
黄昏の岸 暁の天(そら)〈下〉―十二国記 講談社X文庫―ホワイトハート黄昏の岸 暁の天(そら)〈下〉―十二国記 講談社X文庫―ホワイトハート
麒麟とは民意の具現化で憐憫の情を持つ獣・・・であるにも関わらずこんなに性格が個性的!
読了日:10月12日 著者:小野 不由美
黄昏の岸 暁の天(そら)〈上〉―十二国記 講談社X文庫―ホワイトハート黄昏の岸 暁の天(そら)〈上〉―十二国記 講談社X文庫―ホワイトハート
なぜか十二国記祭り中
読了日:10月12日 著者:小野 不由美
眠れぬ夜の奇妙な話コミックス 観用少女 III (ソノラマコミックス 眠れぬ夜の奇妙な話コミックス)眠れぬ夜の奇妙な話コミックス 観用少女 III (ソノラマコミックス 眠れぬ夜の奇妙な話コミックス)
また別の仕様で出てるんだ!と思ったけど未収録収録との帯文句に惹かれ購入。どの未収録作品にも満足を感じるとともにこれでもう新作ないのか~と思うと残念でしかたない。やっぱりメランコリィの花冠が一番傑作!せっかくだから1,2巻も買おうかな~。
読了日:10月11日 著者:川原 由美子
ゴーストハント 11 (講談社コミックスなかよし)ゴーストハント 11 (講談社コミックスなかよし)
序盤次々に人が消えて変わっていくの全然気づかない辺りはぞわぞわと背筋が凍ったけど、最後は浄霊だったの最後の後味がとてもよかった。が、ちょっと拍子抜けでもあったり。
読了日:10月10日 著者:いなだ 詩穂,小野 不由美

読書メーター

9月の読書まとめ

9月の読書まとめです。
といっても今回なんと2冊のみ!!実は漫画は割りと読んでるんですけど新刊で買った漫画のみ記録すると決めてるので買うまでして読むことほとんどないので~。う~ん。これからはその括りなくそうかなぁ。読書メーターは再読も記録できるからな。でも漫画はなんとなく手慰みに読んでしまうので再読とか含めると記録がめんどくさいんですよね。
とりあえず立ち読み・借り読み含め初読は記録してみようかしら?

8月怒涛の米澤穂信祭りでしたが、この「秋期限定栗きんとん事件」をもって飽きました(笑)古典シリーズ2作目「愚者のエンドロール」は途中放棄です。まあ、また気分がちょっとミステリーになったら読むことにします。
それだけ「秋期限定栗きんとん事件」が内容盛りだくさんで楽しかったってこともあるんだけどね。
なんにせよ9月は旅行など多くてなかなかゆっくりを読む休日というものが取れませんでしたね~。


9月の読書メーター
読んだの数:2冊
読んだページ数:585ページ

メディエータZERO episode3 (3)メディエータZERO episode3 (3)
読了日:09月05日 著者:メグ・キャボット
秋期限定栗きんとん事件 下 (創元推理文庫 M よ 1-6)秋期限定栗きんとん事件 下 (創元推理文庫 M よ 1-6)
犯人はすでに前半でわかってしまったけれど動機がもう少し友情に基づくものだと思ってたら・・・瓜野くんかわいそすぎ。小佐内さんの復讐定義はすごくよくわかってしまう。しかしその恐ろしい復讐を思い立った動機というのが、なんともかわいらしい(笑)小佐内さんにはかなわないな~。
読了日:09月01日 著者:米澤 穂信

読書メーター

このカテゴリーに該当する記事はありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。