ホフクゼンシン

期間限定復活

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ジェイン・オースティン 秘められた恋』『ヴィクトリア女王 世紀の愛』

いつも映画を観た感想を書きたいと思うのだけど、どうしても心が未来に馳せる傾向にあるため“観た”映画より“観たい”映画を紹介するほうが好きなんです。


時代物も好き、ファンタジーも好き、総称して言うとコスチューム物が好きです。
寒くなる一気にファンタジーやら時代物が増える気がするんですがそんなことないですかね?
「ブーリン家の姉妹」とか「ある公爵夫人の生涯」なんかも観たかったのになんだかんだと先延ばしにしていたら公開が終わってたという…。したがって今度こそ!今度こそは映画館に見に行くぞ!という決意を旨に今回の「コスチューム物」映画紹介をしたいと思います。


『ジェイン・オースティン 秘められた恋』
映画→公式サイト

主演はアン・ハサウェイ。
物語の主人公は「高慢と偏見」(いろいろなタイトル訳がありますけども)で有名なジェイン・オースティン。
実は「高慢と偏見」は読んだことはなく、キーラ・ナイトレイの映画「プライドと偏見」が初見でした。これ観て“昔も今も乙女が妄想(と書いてゆめと読め)みることは同じなのね!”と感動したもんです(笑)。
その後「トワイライト」がこの「高慢と偏見」ほかジェイン・オースティン小説に大きく影響を受けていることを知りなんとしても読まなくては!と図書館で借りようとしたらすべて貸し出し中。昔の小説なので複数の出版社から違う訳者による文庫が何冊か出ているにも関わらず…。う~む、オースティン人気はすごいな。

さて、この映画はそんなジェイン・オースティン女史の副題の通り“秘められた恋”を描いたラブロマンスのようです。時代物恋愛の燃える点は今ではなくなってしまった「結婚及び恋愛におけるタブーによる壁」でしょうかね。2人の間にでっかく高い壁があればあるほど観てるこっちは楽しいわけです♪
ロマンス小説の元祖!といわれるオースティンがその小説書く際に影響を受けたという“恋”すでに心はときめきますね~。


『ヴィクトリア女王 世紀の愛』

→公式サイト


こちらの主演はエミリー・ブラント!偶然にも「プラダを着た悪魔」のアシスタントコンビですね~。
こちらの主人公はイギリス最高の在位記録を持つヴィクトリア女王。
この方、名前というよりは「ヴィクトリア王朝時代」という時代名としては知っていましたが、人物としてはあんまりこれといって何かしたという印象はありませんでした。

※余談ですがこの時代を舞台にした作品が大好きです。『エマ@森薫』とか『チム・チム・チェリー@あゆみゆい』もそうかな?メイドさんやら乳母(ナニー)やら本当は大変なんだけど!なんだか乙女が妙に憧れてしまう職業の多かった時代。

“イギリス帝国の絶頂期”だそうです。
そういえば万国博覧会=「万博」が世界で始めて行われたのもこの時代。しかも立役者はこの映画の主役2人だそうな。彼らがいなければモリゾーとキッコロも生まれたなかったのか…。←チガウ
あ、切り裂きジャックもこの時代だって~。てことはホームズとかもここですか?

まあ、そんなヴィクトリア女王とその夫アルバートが出会って恋して結婚するまでのお話のよう。
場面写真を見るとまだドレスとかが中世っぽい雰囲気。でもわりと軽めなとこがそれほど遠い時代でもない感じですね。
さて、時代の話ばっかりだったけど実はこのヴィクトリア女王が始めました!てことは結構たくさんあるらしい。

1、純白のウェディングドレス(昔はもっと濃くて派手な色が多かったんですと)
2、3段のウェディングケーキ(シュガーケーキだったそうな)
3、クリスマスツリー
とにかく2人は子沢山で、お互いに仕事をしつつそれでいて家庭をとても大事にしていたんだとか。
仕事でも支えあい、家庭においては寄り添いあい…なんだその理想夫婦。
まあ子供9人はさすがに王家だからできた話だと思いますけど(面倒見てくれる人がたくさんいるから)めずらしく恋愛結婚だったこととか、妻が女王であってもそれ以上出るでもなく卑屈になるでもなかっただんな様のアルバートとか、異国からきて自分を支えてくれるアルバートをきちんと気にかける妻・ヴィクトリアとか、とにかく彼らは公私においてまさに生涯の伴侶、パートナーだったようですね。

たまたまネットで見つけたこちらの論文がこの夫婦とそれがイギリス国民たちにどのように影響したかというとこがよくわかります。学生さんの論文なので難しくなくてよいです。
http://www.cc.kyoto-su.ac.jp/~konokatu/tatsumi(06-1-28)


しかしこのだんな様のアルバートさんは41歳の若さでなくなってしまったそうです。結婚生活は20年くらいですかね。それから女王は表に出ることも少なくなってずっと喪服で過ごしたそうな。
すごくすごく愛してたのね…。男性としてだけでなく人間としても。
さらにこの女王がずっと喪服だったことで黒い服が流行ってそれに合うジュエリーも流行ったとか。

帝国の絶頂期を作りあげ、9人もの子供産み、夫を愛し愛され…。最愛の夫の早世はあまりにも悲しい不幸ではありますが、女子としてはいろいろ憧れるとこのある方ですね。
婚活のお守り代わりにでも観てみるといいかもww

逆にジェイン・オースティンは結局報われない恋だったわけですが、できる女ってのはやっぱりイイ恋してるんだよね~。

たとえ独身であっても仕事に生きがいもってキラキラ輝いてる人ってのはモテてるんですよ!それもそこらのヘボ男じゃなくてイイ男にさ。

女を強く美しくする恋をしろ!男を探せ!てことね。
男を見る目を磨こう。

男といえばそれぞれの相手役、
ジェインの方はどっかで観たことあると思った「ナルニア国1」のタムナスさんだった(笑)その後アンジェリーナのアクション映画「ウォンテッド」で気弱なダメ男演じてたな。
ヴィクトリアの方はジェイン・オースティン原作・キーラ主演の「プライドと偏見」でこれこそ本当のダメ男な将校の役の人だったよ。
俳優さんはすごいな~。

スポンサーサイト

MOVIE memo

◆Julie & Julia
メリル&エイミーコンビということでトレーラーとか見てみたんだけど、これはガールズ(ウォーマンズ?)ムービーですね!みたい!!
料理もおいしそうだし♪
関係ないけど今度自分も料理合コンなるものに参加してみようと思ってます・・・。

なんとなくトレーラーを見て話を推測すると・・・メリルは昔の人でその人の残したレシピを現代のエイミーが作ってく、という話かな?その中で過去と現在が交差してるみたいな内容ですね。
きっと日本語タイトルは“おいしい~”だか“幸せのレシピ”だとかが入る感じの映画っぽい(笑)

それにしてもエイミーはカメレオン女優だな~。魔法にかけられて→ダウト→サンシャインクリーニング→ナイトミュージアム2と見ましたが、みんな印象が違うんだもん。でも印象は違うけど本質が違わないところがまたなんかイイ。どの役も自分は必死なんだけどはたから見るとどっか夢見がちなお嬢さん。もうすっかりファンですわ。

日本の公開はいつかな~。

→公式サイト



◆僕らはあの空の下で

漫画家をめざす男子高校生たちの話だそうな。
2人の漫画家をめざす男の子がいて、一人は絵がうまいのに話がダメ、もう一人は発想力はあるのに絵がへたくそ、それぞれ漫画を投稿してはボツをくらっていた2人が知り合って、2人で漫画家を目指す・・・という。
ちょうどバクマンの最新刊読んだ後だったのでなんか観たくなりました。でも多分面白くはないんだろうな~。う~ん。漫画家めざしてる友達とでもいけば話の種にはなるでしょうか??
これどっちかというと今流行り?のイケメン集めた映画なの?腐??

映画



ハリーポッターと謎のプリンス

映画

観て来ました!仕事休んで(笑)

朝一番のにいったんですがさすがこの地域で一番の映画館、すでに真ん中ほぼ埋まってる。券買って席の説明聞いてる間に取ろうと思ってた席が埋まる勢い!そうか、カウンターについたら安心じゃないんだな。横で席を買ってるみんながライバルか!!

スタートレックのときの失敗を活かし、ファンタジーとSFは画面近くの席で!てことで上の方じゃなく下のほうを選択。(真ん中あたりはすでに端から端まで埋まってるんです)
開場してすぐ劇場に入ったんだけど、字幕なのにあきらかに小学校大きく見ても3,4年なこたちがいてちょっとビックリ。そしてちょっと心配に。だって子供ってうるさいんだもの。

当然一人で観にいったのですが、右隣りにはこれまた一人のおじさん。左隣は高校生くらいの女の子2人。そしてまた心配。だって高校生って上映中にしゃべるんだもん。

しかしそんな心配はまったくの杞憂に終わりました。
子供はいたみたいだけど全然静かにしてたし(そばにはいなかったから気にならなかっただけかもしれないけど)左隣りの女子高生たちも開始までは響く声でおしゃべりしてたけど映画が始まってからはすごく静かに真剣に観てました。YOUポッタリアンね?と心の中で思ったよ。
むしろ右隣りのおじさんがなんども座る位置を変えてたのがちょっとうるさかったけど(イスが鳴るので)まあ、長かったしちょっと途中であきちゃったんだよね~おじさん。その気持ち、わからでもない。

う~ん、かなり盛りだくさんというかいろんなことが一度に同時進行してるのでわかりづらいというよりなんかもったない印象。全体的にサラっとしちゃったんだよね。
こことかもっともっと描いてほしいな~てとこが多かったです。
私は前作はすごくよかったんだけど今作短すぎる印象。いや、時間的には十分長いですが、これも2部作にしちゃってもよかったんじゃないかなぁ。いや、2部作にしてほしかったよ!ていうのがハリポタファン心理なんだけど、一般客にしたら次も2部だしこれも2部だし、ついてけな~い!めんどくさ~い!てなっちゃうのかも。
映画はファンサービスじゃないですからね。商売ですから。

でも今回もホグワーツにいた期間はいままでと同じく1年だったはずなのにこの映画だけみると1ヶ月?長くて3ヶ月じゃない?て気がした。
そうか、時間の経過が感じられないんだ。いろんなことが起こりすぎてて。
だからハリーの半純血プリンスへの執着も、ドラコの使命への苦悩も、校長がトム・リドルの過去を収集していく苦労も余り感じられない。過程過程を描こうとはしてたと思うんだけど、でもとてもあっさりした印象が残ります。む~ん。

それにしても生徒たちの成長より先生及び大人たちの老いが深刻な気がした6作目・・・。

ネタバレ詳細は追記にて☆(時間取れたら書きます)

男と女の不都合な真実 The Ugly Truth

映画の予告編とか観るのが好きです。
よくだまされますけどね。

全然違うじゃん!!

て。
でもそれが映画の宣伝マンの仕事ですから。
「予告が面白そうだったので観にいったら全然違う話だった、だまされた・・・」てのは褒め言葉ですよ。してやったりですよ☆
いや、本当は楽しんでもらえるのが一番イイて思ってると思いますけどね。でも仕事だもの、好きな映画だけ面白い映画だけ宣伝できるわけじゃないでしょう。
スーパーの人だってピーマン嫌いでもピーマン特売ならピーマン売らなきゃいけないしね!!

【男と女の不都合な真実 The Ugly Truth】
映画


最近知った映画だけどかなり好み!カモ。話が読みやすいラブコメは好きです。お約束好きにはたまらないのさ!
キャサリン・ハイグルはすっかりラブコメ女優の仲間入りだね~。いいよね、この子おっきくて迫力のブロンドのわりにドジなしぐさとかも似合ってるし、どことなくにくめない感じがラブコメにしっくりくる。笑顔にすかした感じがないんだ~。
それでいて当然美人さんなので画面を見ていて楽しい☆
「幸せになるための27のドレス」でもワードローブとして着てる衣装がどれも品があって素敵だった~♪

この「27のドレス」で主役の2人が結婚式で一番好きな場面は「花嫁が式場に入場する瞬間の花婿の表情」ということで意気投合するんだけど、私も実際友達の結婚式でこの瞬間を見ようとしていつも見れないで終わる・・・。だって絶対「入り口にご注目ください」てアナウンスが入ってみんながいっせいに入り口を見るから一人だけ逆向いて花婿なんてみれないんだよね~。次回こそは!!
あれ?ひょっとして自分が花嫁になれば自然に見れるじゃん??・・・・・・いつだくるんだよ~その瞬間orz

「27のドレス」では我らがジェームズ・マースデンが相手役を務めてますが、こちらは肉体派?ジェラルド・バトラーです!
なのにこのジェラルド・バトラーなんだか妙にさえないおっさん臭がしま…せんか?まあ、役柄としてはそれで合ってるようなので役作りのダメ男なのかな?それともホントにゆるんじゃったの??
日本じゃ“美男美女待望の共演”とか宣伝で煽られているようですが、大丈夫でしょうか?まあ元からまったくかっこよくないってわけじゃないけども~。


ポスターがすごくシンプルでかわゆい!(しかも映画のテーマがちゃんと描かれてる)
他にトイレマークみたいなおそらくティーザーだと思われるポスターとそれぞれ一人ずつとトイレマークのバージョンが2つで上のとあわせて計4種類あるみたい。

映画映画映画


最初トイレマークが飾ってあって数ヶ月後訪れたら主演二人に変わってるってのは劇場とかでみつけたら「おお!!」てなるかも。日本もこれこのまま使ったらいいな~。

ちなみにあらすじはこんな感じ↓↓
まさに王道ラブコメ!理想通りの男より自分をわかってくれる男に女は弱い?!
日本の公開は8月だそうな。
なのにまだ公式サイトもないみたいなんだけど・・・??

アビー(キャサリン・ハイグル)は、美人で頭も良いテレビ番組のプロデューサー。完璧な女である自分に合う完璧な男を求めるあまり、縁遠くなっていた。

彼女の場合、恋もうまくいかなければ、仕事もうまくいかず。担当番組は視聴率低迷でクビ寸前! 上司が起死回生を狙って抜擢したのは、男の本音トークで高視聴率を稼ぐ番組「The Ugly Truth(みにくい真実)」の恋愛パーソナリティのマイク・チャドウェイ(ジェラルド・バトラー)。エッチなジョークばかりを飛ばし、アビーの理想の男性像=ゲイの条件だと嘲笑うイケ好かない男。それなのに上司命令で、アビーはマイクと無理矢理チームを組まされることに。ところが、3%を下回る視聴率は、マイクの出演を機に、日に日に上昇し12%を記録する。

そんなとき、アビーは理想の男性と出会う。引っ越してきたばかりの隣人、形成外科医のコリン。コリンはアビーが男性に求める10項目=ルックス、キャリア、性格もクリアーするイイ男。
するとそれを知ったマイクは、「もしコリンを振り向かせたければ、俺の言うことを聞けよ。もし、失敗したら職を辞す」と言う自信満々な交換条件を提示。同意したアビーにマイクは早速「説教は禁止、相談も禁止etc」と、男の“本音”と“真実”を教える。効果てきめん! アビーは見事コリンの興味を惹くことに成功するが……。



続きにトレーラーおいてありまっす。
表に出すと重いんで。

URLはこちら→http://www.youtube.com/watch?v=6ke2BNQaj34

宇宙大作戦て誰がつけたんだ?

スタートレック」観てきました。
初スタートレックだったんだけど…

なんだこれ面白いぞ!!


もともとSFモノというのは好きで、限られた空間の中でお馴染みな人たちがもぞもぞしてるのも好きで、なによりシリーズものが好きな私なので絶対ハマるだろうな~と思ってたんだけど、やっぱりかなりツボでした!
感じ的にはマクロスぽいのよね。いや、三角関係も歌もないけど、宇宙の新天地探索とか異種間の理解とかが。宇宙船の飛んでく描写とか宇宙空間の絵面もなんだかむしょうにマクロスを思い出させて、このスタートレック観てたら早くマクロスの映画が観たくなりました(笑)
もう日本で同じようなものを作れるとしたらアニメなんだよね!だからもっと日本はアニメに特化しちゃえばいいのにさ。くだんないTVドラマ映画の拡大公開なんかやめちゃえYO☆
いきなり余談でした。すみません。

さて公開から4週目に入るわけですが、行った劇場には全然人入ってなくてしょんぼり。
今映画を見るなら間違いなくスタートレックだというのに…。というより私が見るの遅すぎたのか?
ちょうど「トランスフォーマー」が始まる週だったので日本における客層はわりかしかぶってるのでそちらに流れたのでしょうかね。
まあ、観る分にはうるさい思いをすることもなく、わずらわされることもなく、快適でしたけどね。

なんとなく映画館の後ろが好きでよく一番後ろに座るんだけど、この映画観て一番後ろがダメだってことに気づきました。壁沿いの後ろの席って後ろにも横にもスピーカーがなくて聞こえるのって前からのみなんだよね!
全然臨場感ないの!!
すごい距離感があるっていうか、多分わりと考えるような映画はそのほうがいい場合もあるんだろうけど、こういう派手な大作は作品、ましてやSFなので入り込んでなんぼのものだというのに…最悪の座席チョイスをしてしまったな。と始まったオープニングですでに後悔。
ちょっともっかい、それこそリベンジに行ってこようかと思ってます。だって面白かったんだもん!

でもこれ話題のIMAXデジタルシアターでみたいな~。
これこそまさにIMAX向きじゃない??たった2000円宇宙の旅が体感できちゃうんですから!!




こちらは一番最初に劇場で流れた特報。
予告の段階になると本編の情報が流れすぎることがあるので、こういうシリーズモノの大作はこれくらいの方が「ついにキタか!?」という高揚感で胸がいっぱいになるなっていいですよね。
しかもこれはエンタープライズの製造現場に有名な宇宙がらみの名言かぶせて、最後にあのナレーション!
作った人センスあるな~。

ネタバレ感想は続きです☆

このカテゴリーに該当する記事はありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。