ホフクゼンシン

期間限定復活

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

買います!


これのために私はPSPを持ってたんですね。
わかります。

しかし公式サイトがホントにひどいww
やっとつながったんだけど
動画はとぎれとぎれだわ
リンククリックしてもなにも出てこないわ

まあ、ゲームが出る
DSでなくPSPで!!
てことだけで満足です
おkです

スポンサーサイト

【初音ミク】さよならアストロノーツ【オリジナル】

すごく久々な本日の一曲
思えばこの企画?を始めたきっかけも小林オニキスさんの「サイハテ」だったなぁ



「さよならアストロノーツ」 小林オニキス


泣きました。
この歌詞が理解できるくらいには大人になってたみたいです。

月の部分が秀逸で
あの歌詞と音の繰り返しが
追いかけて追いかけてそれでもたどり着くことできない
焦燥感を煽ります

もともときっとたどり着けるようなものじゃないんよね
子供のころ描いた未来ていうのはさ

後ろ向きなやるせない意味ではなくて
きっとだからこそ美しいんだと思うから


~ショートショート~
「あ、満月」
空を見上げた男が言葉をもらす。
「ホントだ。でっか~い」
隣を歩く女がその言葉に同じく空を仰いだ。
「なんかさ・・・、笑われてるみたじゃね?」
男は雲の隙間からくっきりと姿をみせたその月をぼんやりと眺めやる。
「なにそれ?三日月じゃないの?」
女はふっと笑いをこぼす。
「う~ん。なんでだろなんかそんな気が・・・。結局お前は届かなかったなって」
男は月に向けられたその視線の焦点をずらした。
「そりゃ、月に届くはずがないじゃない」
女は上空の月をもう一度、強く見つめる。
「うん。そうだよな。でも・・・昔はいつかは月にも手が届くと思ってたんだ」
男は手を伸ばす。あの月まで。
「・・・悲しいの?」
女は瞳を向けて、問うた。
「ん?いや。多分それでよかったんじゃないかな」
そして言って男は伸ばした手を下ろし、反対の握られている手に少しの力をこめた。
~fin~


本日の一曲は更新頻度落ちる代わりにショートショートいれようかと・・・。
上のやつみたいなね。
ていうか、これをショートショートとよんでいいのか疑問だけど。

歌から感じ取った情景をうまく短いストーリーで表せたらいいなと思ってます。
自分の力量の範囲でね。

今回のストーリーはこの曲の創作者、小林オニキスさんの
“大人になるのも意外と悪くないですよ”
とい言葉から膨らませてみました。


これ書きながら20分はエンドレスしてるけど全然飽きない。

創作者、小林オニキスさんのブログ
「アダマウローBLOG」

とりあえず「Re:package」とかとか

ハスキーとメドレーにハマりました

この動画のおかげでww


おかげでせっかく届いた「Re:package」聞けてないという・・・あぼん

ふるみっくプレイヤー復活してたのでとりあえず“livetune”特集にしてみました☆
ちょっとでもいろんな人が興味を持ちますように~~~ぃい

でもCDのジャケをミクにしたのはどうなんかな~と思う
ミクを使った初CD(同人・公式除く)てことをビクターは押したかったのかもしれないが
なんかもっと違うもののが一般の人が手に取る機会があったんじゃないかと
ジャケ買い的な

これはレジに持ってって買うのはずいと思うよ

もとからミク好きな人は絶対このCDの存在しってるだろうから
ほしけりゃ買うだろうし

せっかくメジャーから出るんだからミクとかDTM知らない人とかが
なにこれ?と買ってくれるような仕様にすべきだったと
個人的には思うのです
ちょっと残念

中身は別にみっくみくでいいからさ
ジャケで釣らなきゃww

Re:Package(初回限定盤)Re:Package(初回限定盤)
(2008/08/27)
livetune feat.初音ミク初音ミク

商品詳細を見る

redjuiceさんのミクはとても美人ですがね

公式サイトなんてあったのね
なんというリキのいれようww
オリコンどこまでいくかな~♪



それからランキングもまた始めました~
そろそろ落ち着いてブログもできそうなので
またがんばる

でも相変わらずこう、売り込みできるような
特化した定期ネタがないブログだから
つけたところでどうなの?的なね

さて、お風呂入ってリパケ聞きながら寝ようかね
ハスキーとメドレーのせいで今日の予定狂いまくりだしww

ハンサムな彼女

ヴォーグにローレン・バコールが出てたので
ひっさびさに「ハンサムな彼女」を読み返してみました。

私の一番好きな少女漫画です。

何が好きかって
そりゃもう、一哉最高ですよ!!
読み返してみてもたまらんですよ!!
めっちゃかわいいですよ!!

何度キュ~~~ンときたことか
一哉、現実にいたら間違いなく恋に落ちてますよ
ていうか、なんで現実にいないの??ねえ、一哉!!泣

未央も当時は大好きだったんだけど
いや、今も好きなんだが
なんかあの当時は感じなかったイラだちとかも今は感じたりして
多分客観的に見れるようになったからだな・・

でもそういうイラってくるとこがあるけど
仕方ないか未央ならしゃ~ないっていうあの天真爛漫さは健在だった
健在て言い方も変だけど
相変わらず理想の女の子だな~

キレイでかっこよく、なんたってハンサムですからね
なのに中身はひとなっつこくてぬけてて楽天的
う~~~ん女性としてうらやましすぎる子ですよねぇ~

好きな人が好きで好きで仕方がない
とことかはすごく似てると思うけどww
だからこそ!やはりわたしに必要なのは一哉なわけで・・
どこなの??一哉!!
しつこい??


話を進めまして・・・
リアルに読んでたころは小学生だったのでキス以上のことってしらなくてww
主人公・未央と彼氏の一哉がなりゆきでロスで同じ部屋で寝ることになったとき
「一哉ならいいから・・・」とかいうセリフの意味がまったくわかってなかったww

ていうかなんで同じ部屋で寝るってことがそんなにあわてるようなことなのか
全然ま~ったくわからなかったww
寝ちゃダメなの??
と思ってました

純だったなぁ~自分 遠い目・・・


それにしても愛着があるせいなのかもしれないが
この漫画今読んでも全然色あせないわ
特に未央たちのファッション!!
女優という職業柄なのかすごくおしゃれでかわいいのもが多いんだよね
今見ても全然アリだと思える

しかも前述した通り物語の途中でロスの彼氏に仕事込みの旅行で会いに行くとこなんて
服ちゃんと着まわしてるの!
これ当時はワンピースくらいは気づいたけど
よくみたらちゃんとインナーとスカートとかそれぞれ3着くらいを
いろいろに組み合わせて着てるんだわ!!
すごい!!
靴も2足くらいしか持って行ってない設定なのよ

これは雑誌のOLの着まわし1週間以上に使えるんじゃね?

漫画なんだからそんなの旅行にいったってなんだって
いくらでも服なんか描けば出てくるのに
こだわりだなぁ~

ほかにも映画制作のことを描いてるからなのか
コマ割とかが凝っててね
とくに第一部はすごくハっとするような画面が多いの

個人的に好きなのは映画の製作が中止になるかもってときに
ビルの中で出くわした未央と一哉が少し会話を交わして
それぞれ別の方向に別れて歩き出すんだけど
お互いに足を止めて振り向きあう・・・

少女漫画でめくったら見開きバーンてめずらしい気がするんだよね
ハンサムではけっこう大胆なコマ使いが多いと思う
それがうまく要所要所で入ってて
ホントにちょっと映画っぽい

ハンサムな彼女 (1) (集英社文庫―コミック版)ハンサムな彼女 (1) (集英社文庫―コミック版)
(2003/07)
吉住 渉

商品詳細を見る


作者の吉住渉さんは「ママレード・ボーイ」で有名な方だけど
だっけど~気に~なる♪
私は断然ハンサム派!!
それか四重奏ゲーム マイナーなww

正直ハンサムまでが本人のびのびと楽しく描いてた感じするし
ママレはアニメになったりちょっと売れすぎちゃって下手に登場人物とか多くなって
最後はみ~~んな幸せ~な感じで全員誰かとくっつかなくてはならなくなってしまってたから
ちょっとね・・・
一人あぶれてる人がいましたがww
彼は吉住さん的に譲れない最後の一線だったんだろな~とww

その後の作品は正直作者と主人公たちの年が差がありすぎちゃって
今の時代に合わせて描こうとしてるのはわかるんだけど
話自体は面白いんだけど
なんかうわっつらな感じなの
う~~~ん
でも好きな作者だよ
今でもちょこちょこチェックしてますから


<追記>
こちらの方の感想がなかなか面白かったのでTBさせていただきやした!

ヤック☆デカルチャー

友達と二人でギャラクシーツアーしてきました☆

キラッ☆

ライオンとノーザンクロスすでに入ってた!
どっちも友達に歌わせました♪

ライオンライオン
(2008/08/20)
中島愛May\'n

商品詳細を見る


マクロスとボカロをまぜこぜ歌っててたもんで
ひでえ履歴を残しちゃったな~
とか思ってほかの人のものを見てみたら

あんまかわんなかったというww

サンホラとか歌っちゃってました
サンホラ名前とウィキ的知識しかないですが
アリプロ×サンホラな履歴はかなり濃いっすよね~

んでもう少しさかのぼってみたら
ギャラクシーライブやってんの自分たちだけじゃないことが判明

ノーザンクロス4回は歌いすぎだろwww


ボカロの方は無事にうろたん歌ってキターーー!!(゚∀゚≡(゚∀゚≡゚∀゚)≡゚∀゚)
マジで入ってるよこの歌ww

KAITO兄さんの声は高さがわかりずらいわぁ
よくわかんないけどとりあえず熱く熱唱しといた
まあ、いいさ勝てればそれで!!的なノリですよ

19さんの「Dear」が思ったよりもカラオケ的にかなりイイ歌だということが判明
“逢いたく逢いたくて”は歌ってるとそうとう気持ちイイのです
これは毎回歌っちゃうわ
だってパンピーと歌ったところで絶対わかんねしww

First Sound StoryFirst Sound Story
(2008/08/20)
19’s Sound Factory

商品詳細を見る

この2曲はバックサウンドもすごくよかったな~
うろたんはそれだけでもごはん3杯いけるくらいよかったww
バックサウンドだけで十分暑苦しかったww

早くkzさんも入りますように~☆ノ

Re:Package(初回限定盤)Re:Package(初回限定盤)
(2008/08/27)
livetune feat.初音ミク初音ミク

商品詳細を見る

来週までまちきれん!

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。