ホフクゼンシン

期間限定復活

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

単行本の9巻まで行きました。
原書第3部『Eclipse』の最終巻ですね。
最初は文庫で買っていたのです。続きを我慢しきれなくなり結局7巻から単行本を購入しています。
ハマりまくっててペースがヤバイのですよ~。このまま行くと来週中には全部読みきっちゃいそうで怖い。
だって新鮮なエドワードを感じられる回数が刻一刻と減ってるってことだもの・・・。

そんなわけで9巻も読み始めたはいいが読み終わるのがイヤでちょっと休憩中なのです
ここまでのリアルタイム感想を続きにメモ!ネタバレありですのでご注意くだされ。

※あ、映画次回作「NEW MOON(原題)」日本でも11月公開決定しましたね☆
ヤッターーー!!
同時上映かはまだわかりませんがちょっとの時間差ですぐに観られそうでほっと一安心。公開が年またぐなら英語圏のどこかに11月観に行こうかと真剣に考えちょりました。
日本で観れてよかった~ww

とりあえず今年一年は色濃く「トワイライト」に染まれそうですな☆
邦題は「トワイライト2~別離(わかれ)~」とかっぽいよな~と思わずにはいられませんが(笑)

トワイライト〈7〉 赤い刻印トワイライト〈8〉 冷たいキスをあたしにトワイライト〈9〉 黄昏は魔物の時間

スポンサーサイト

トワイライト

エドワードがたまらなすぎて死ねるかもしれません。。。

もう彼を愛していなかったころの自分が今では想像できない。
それってどんなベラ!!状態です。

ああ、語りたいけど時間がない~~~。

17アゲイン

ザック!ザック!ザック!ザック!
ザックの魅力満載な「セブンティーンアゲイン」観てきました!

「ハイスクール・ミュージカル」のときよりかっこよかった~。なんといっても中身が37歳なので単なるスーパー高校生とは違うわけですよ。
しかもロマンスの相手が離婚調停中の奥さん(同じ年なので37歳)なので高校生カップルを演じていた「ハイスクール・ミュージカル」のときより親近感が持てるというか、自分もあんな風にせまられたらたまんないわぁ←きゅんきゅん!という感覚が味わえました。
脚本家GJ☆

以下長くなったので続きに~
あんましネタバレはない感じです。ていうか、この映画自体王道路線なのでネタバレとかわざわざ読まなくても話の流れはわかるからね。

「セブンティーンアゲイン」公式サイト



読書メーター

ちょっと前から読書メーターをつけていました。
昔もWEB本棚になるやつとかやってたけどあんまり使い勝手がよくないこともあって更新をやめちゃったんだよね。まあ、あのときはそれほど本を読んでなかったこともあるけど。
正直読書は気分なので、活字を読みたいときにしかしません。そして私にとって読書とはエンターテインメントなので小難しい物は読まない。物語性のある小説が好きです。一番好きなジャンルはやっぱ児童文学かな~。エンターテインメントという意味ではラノベもそうなんだろうけど、ラノベはね、男の人が作る女の子のキャラクターにあまり魅力を感じないので読めないです。だってラノベてキャラがうけつけないと話や設定が面白くて読むのやっぱりツライじゃないですか。まだコバルトとかのが好き。どこまでも少女マンガ体質。

一番好きな作家は「荻原規子」さん。彼女とは好みのツボがかぶりまくっている。「白鳥異伝」とか自分のために書かれたんじゃないかと思うくらいでした。もし私に文章力があれば多分まったくあれと同じ話を書いたと思うよ。
マンガもそうだけど自分に能力があればきっと同じ(ような、だけどね)話を書いたであろう作者さんの作品は上手い下手とか関係なく好きという感情が湧きますね~。
逆に話や文章(マンガだと描き方)がどんなに上手いと思えてもツボがかみ合わないと個人的評価は低くなります。みんなそうかな?なんか世間的に「面白いマンガ」といわれるものが結構肌に合わないことが多い。まあ、基本少女マンガ体質だからね。


なんかえらい余談になってしまいましたが、つまりは読書メーターのブログパーツつけたよ☆って話なのでした。
ここまで長すぎww

読書メーターは読んでる・読み終わった・読みたいみたいな基本の分類が最初から設定されてるし、そこをワンタッチで切り替えができるところが便利です。
一言感想もいれられるし、他の人の感想も表示されるので読み終わったあとで自分はこうだったけど他の人はどう思ったかとかわかると楽しいしね。
でも何が一番すばらしいかというと、軽いんだよね~。前のWEB本棚はすんごい重たくて、、、あれが一番嫌だったな。あと自分でいろいろ分類設定できるのも逆に何作ったらいいか悩むし。
WEB本棚は人に披露するものでこの読書メーターは自分の覚書って感じかな。冊数やページが加算されていくのも面白くてあれはちょと読書意欲をあげてくれるよね。
今後ほしいサービスはやっぱりアフィリとの連動かな~。せっかくアマゾンのリンクに飛べるようになってるんだからさ。


今はやっと順番の回ってきた「別冊図書館戦争2」を読んでます。本は一度読むと読み返すことがほとんどないのでほぼ図書館利用です。図書館戦争だけに図書館で借りたわけではありません。

モラトリアムな

なんか「水槽」の中に「現実」があってそれをあの水族館独特の暗い通路から眺めてる・・・
そんな感じ。
あの明るくてきれいな世界でうまく泳ぎたいと思ってるけどそれをできる確信と入る勇気が持てなくてずっとただ眺めてる。

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。