ホフクゼンシン

期間限定復活

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GUMI

もう出てたのか!!

VOCALOID2 Megpoid 初回限定版
インターネット (2009-06-26)
売り上げランキング: 57


ジェバンニは一体日本に何人いらっしゃるんでしょうか??

すでにお気に入りの3曲をご紹介♪







やっぱりまめぐの声がしっかり聞こえるのが好きかな。

スポンサーサイト

英語字幕増えました!

風邪で死んでました。

「Twilighter's SQUAREオフィシャル・メールマガジン」2通目来てましたね~。
DVDに英語字幕が追加されたとのこと。
ついてないってのがおかしかったしね。
問い合わせが多かったので~とメルマガに記載がありましたが、わりと角川さんはファンの要望にこたえてくれる気持ちがあるってことかな。

そんなわけでなのか映画2作目の邦題は

<トワイライト・サーガ『ニュームーン』>

に決定!!
下手な副題はなし!原題に忠実路線!!

「トワイライト2~失恋~」が一番有力候補だと思ってたのにね~。
ちなみに私の予想は「トワイライト2~別離(わかれ)~」でしたww

邦題で通し番号を入れないというのめずらしいので(今公開中のターミネーターも原題にはないのに邦題ではターミネーター4と入ってるし)これはもっと確実に既存原作ファンを取り込んでいく作戦に出たのかな~?と。
1作目で下手な副題つけたり、無駄にキラキラしてみたり、というのは日本においても一大ヒットをしかけるためにはすでにファンである人たち以外の若いティーン層を新たに取り込みたかったというのが第一だったと思うのだけど、結局こういう作品の場合既存ファンの望む方向性と逆をいってもあまりいいことないな~。と結論付けてくれたのかも。
もともと日本の高校生とアメリカティーンでは求めるものが違うのでそこを狙うのはちょっと難しかったんだと思うよ。
一作目でやってみて日本でどの程度のものかもわかったから、2作目からは派手さより確実さを狙ってくるつもりなのかね。
声優に櫻井さん起用したことからいっても一般女子高生よりサブカル系の女子を狙ったほうが受けがいいと方向性変えたんじゃないでしょうか。

それからメルマガにはロケ地ツアー情報もありました。
なんかフォークスではホントにトワイライト様様状態なんだとか…。
だよね~。アメリカにおけるフォークスがどんな町かはわからないけれど用事もないのにいく必要のある町ではないだろうて。

■『トワイライト~初恋~』のロケ地と原作の舞台を巡るツアー

■トワイライト・サーガ『ニュームーン』のロケ地(バンクーバー)を巡るツアー


個人的にはイタリアのロケ地の方が行きたいんだよね~。

男と女の不都合な真実 The Ugly Truth

映画の予告編とか観るのが好きです。
よくだまされますけどね。

全然違うじゃん!!

て。
でもそれが映画の宣伝マンの仕事ですから。
「予告が面白そうだったので観にいったら全然違う話だった、だまされた・・・」てのは褒め言葉ですよ。してやったりですよ☆
いや、本当は楽しんでもらえるのが一番イイて思ってると思いますけどね。でも仕事だもの、好きな映画だけ面白い映画だけ宣伝できるわけじゃないでしょう。
スーパーの人だってピーマン嫌いでもピーマン特売ならピーマン売らなきゃいけないしね!!

【男と女の不都合な真実 The Ugly Truth】
映画


最近知った映画だけどかなり好み!カモ。話が読みやすいラブコメは好きです。お約束好きにはたまらないのさ!
キャサリン・ハイグルはすっかりラブコメ女優の仲間入りだね~。いいよね、この子おっきくて迫力のブロンドのわりにドジなしぐさとかも似合ってるし、どことなくにくめない感じがラブコメにしっくりくる。笑顔にすかした感じがないんだ~。
それでいて当然美人さんなので画面を見ていて楽しい☆
「幸せになるための27のドレス」でもワードローブとして着てる衣装がどれも品があって素敵だった~♪

この「27のドレス」で主役の2人が結婚式で一番好きな場面は「花嫁が式場に入場する瞬間の花婿の表情」ということで意気投合するんだけど、私も実際友達の結婚式でこの瞬間を見ようとしていつも見れないで終わる・・・。だって絶対「入り口にご注目ください」てアナウンスが入ってみんながいっせいに入り口を見るから一人だけ逆向いて花婿なんてみれないんだよね~。次回こそは!!
あれ?ひょっとして自分が花嫁になれば自然に見れるじゃん??・・・・・・いつだくるんだよ~その瞬間orz

「27のドレス」では我らがジェームズ・マースデンが相手役を務めてますが、こちらは肉体派?ジェラルド・バトラーです!
なのにこのジェラルド・バトラーなんだか妙にさえないおっさん臭がしま…せんか?まあ、役柄としてはそれで合ってるようなので役作りのダメ男なのかな?それともホントにゆるんじゃったの??
日本じゃ“美男美女待望の共演”とか宣伝で煽られているようですが、大丈夫でしょうか?まあ元からまったくかっこよくないってわけじゃないけども~。


ポスターがすごくシンプルでかわゆい!(しかも映画のテーマがちゃんと描かれてる)
他にトイレマークみたいなおそらくティーザーだと思われるポスターとそれぞれ一人ずつとトイレマークのバージョンが2つで上のとあわせて計4種類あるみたい。

映画映画映画


最初トイレマークが飾ってあって数ヶ月後訪れたら主演二人に変わってるってのは劇場とかでみつけたら「おお!!」てなるかも。日本もこれこのまま使ったらいいな~。

ちなみにあらすじはこんな感じ↓↓
まさに王道ラブコメ!理想通りの男より自分をわかってくれる男に女は弱い?!
日本の公開は8月だそうな。
なのにまだ公式サイトもないみたいなんだけど・・・??

アビー(キャサリン・ハイグル)は、美人で頭も良いテレビ番組のプロデューサー。完璧な女である自分に合う完璧な男を求めるあまり、縁遠くなっていた。

彼女の場合、恋もうまくいかなければ、仕事もうまくいかず。担当番組は視聴率低迷でクビ寸前! 上司が起死回生を狙って抜擢したのは、男の本音トークで高視聴率を稼ぐ番組「The Ugly Truth(みにくい真実)」の恋愛パーソナリティのマイク・チャドウェイ(ジェラルド・バトラー)。エッチなジョークばかりを飛ばし、アビーの理想の男性像=ゲイの条件だと嘲笑うイケ好かない男。それなのに上司命令で、アビーはマイクと無理矢理チームを組まされることに。ところが、3%を下回る視聴率は、マイクの出演を機に、日に日に上昇し12%を記録する。

そんなとき、アビーは理想の男性と出会う。引っ越してきたばかりの隣人、形成外科医のコリン。コリンはアビーが男性に求める10項目=ルックス、キャリア、性格もクリアーするイイ男。
するとそれを知ったマイクは、「もしコリンを振り向かせたければ、俺の言うことを聞けよ。もし、失敗したら職を辞す」と言う自信満々な交換条件を提示。同意したアビーにマイクは早速「説教は禁止、相談も禁止etc」と、男の“本音”と“真実”を教える。効果てきめん! アビーは見事コリンの興味を惹くことに成功するが……。



続きにトレーラーおいてありまっす。
表に出すと重いんで。

URLはこちら→http://www.youtube.com/watch?v=6ke2BNQaj34

宇宙大作戦て誰がつけたんだ?

スタートレック」観てきました。
初スタートレックだったんだけど…

なんだこれ面白いぞ!!


もともとSFモノというのは好きで、限られた空間の中でお馴染みな人たちがもぞもぞしてるのも好きで、なによりシリーズものが好きな私なので絶対ハマるだろうな~と思ってたんだけど、やっぱりかなりツボでした!
感じ的にはマクロスぽいのよね。いや、三角関係も歌もないけど、宇宙の新天地探索とか異種間の理解とかが。宇宙船の飛んでく描写とか宇宙空間の絵面もなんだかむしょうにマクロスを思い出させて、このスタートレック観てたら早くマクロスの映画が観たくなりました(笑)
もう日本で同じようなものを作れるとしたらアニメなんだよね!だからもっと日本はアニメに特化しちゃえばいいのにさ。くだんないTVドラマ映画の拡大公開なんかやめちゃえYO☆
いきなり余談でした。すみません。

さて公開から4週目に入るわけですが、行った劇場には全然人入ってなくてしょんぼり。
今映画を見るなら間違いなくスタートレックだというのに…。というより私が見るの遅すぎたのか?
ちょうど「トランスフォーマー」が始まる週だったので日本における客層はわりかしかぶってるのでそちらに流れたのでしょうかね。
まあ、観る分にはうるさい思いをすることもなく、わずらわされることもなく、快適でしたけどね。

なんとなく映画館の後ろが好きでよく一番後ろに座るんだけど、この映画観て一番後ろがダメだってことに気づきました。壁沿いの後ろの席って後ろにも横にもスピーカーがなくて聞こえるのって前からのみなんだよね!
全然臨場感ないの!!
すごい距離感があるっていうか、多分わりと考えるような映画はそのほうがいい場合もあるんだろうけど、こういう派手な大作は作品、ましてやSFなので入り込んでなんぼのものだというのに…最悪の座席チョイスをしてしまったな。と始まったオープニングですでに後悔。
ちょっともっかい、それこそリベンジに行ってこようかと思ってます。だって面白かったんだもん!

でもこれ話題のIMAXデジタルシアターでみたいな~。
これこそまさにIMAX向きじゃない??たった2000円宇宙の旅が体感できちゃうんですから!!




こちらは一番最初に劇場で流れた特報。
予告の段階になると本編の情報が流れすぎることがあるので、こういうシリーズモノの大作はこれくらいの方が「ついにキタか!?」という高揚感で胸がいっぱいになるなっていいですよね。
しかもこれはエンタープライズの製造現場に有名な宇宙がらみの名言かぶせて、最後にあのナレーション!
作った人センスあるな~。

ネタバレ感想は続きです☆

ジョン・チョーさん とクリス・パインくん

スタートレックを観ていてパイロット役の人どっかで見たことあんだよな~とひっかかったんだけど、彼はチャームドで幽霊役をやってたお兄ちゃんでした!!

チャームド


いやぁこんな大作映画のレギュラーキャラになるなんて出世したな~。
と大変余計なお世話なことを思ってしまったり。

パイパー(真ん中の女性です)とちょっといい雰囲気になるんだけど元から幽霊で無事に天国に送ってあげることが目的だったのでちょっと最後はせつないお別れをするんですよ。

ウィキってみるとジョンさんは韓国系のアメリカ人だそうで、このチャームド以外にもグレイズアナトミーとかアグリーベティなんかにもゲストで出てるみたいですね。

しかし、NHKなぜチャームドの放送やめたんだ!!
大好きだったのに~。
AXNに入るのは面倒なのでDVD出たら続き借りてこよう…。


チャームド ~魔女3姉妹~ シーズン1 vol.1 [DVD]
パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン (2005-05-27)
売り上げランキング: 12992



て!ジョンさんはすぐに気づいたのに主役のカーク役のクリス・パインくんが「プリティ・プリンセス2」のあのお兄ちゃんだったことに公式ブログ見てやっと気づきました・・・。どうなの自分??orz

PP2

あ、ホントだ・・・。
いや、予告とか雑誌とかで見てどっかで見たことあるな~と思ったんだけどわりとよくいるアメリカ人ぽかったからそれでかな?と流してしまったんだよね。
まあ主役やるくらいだしそりゃどっかで見てるわさ。とあまり真剣に考えてなかったんだな。

でもカークやってるクリス・パインめちゃくちゃかわいかったよ!!それはホントだから~
最近若手映画俳優豊作でうれしいな~♪

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。