ホフクゼンシン

期間限定復活

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界最速上映ですってよ奥様

映画&Twilight(トワイライト)漬けのkiraさんがとってもよい記事書いていたのでブログをご紹介。(ブログ名にリンクがはってあります)
記事自体の紹介もしたかったのですがその記事にもある通り、今回の世界最速上映会&ファンミーティングのニュームーンプロモーションについてかなり厳しいご意見を書いてるので記事自体はリンクしてません。
私はほっとんど同意見でこちらは最近主にtwitterで愚痴吐き中です。正直加藤ミリアもどうかと思う。なんか違うと思うだよ向かってる方向がさ~。いらないよ日本人のイメージソングとか~と思ってる人間なのですが、中にはそういうのを素敵!と思ってる人もやっぱりいるようなのでみんながみんなそうではないのでなかなか難しい。

映画の宣伝はもちろん固定のファンを取り込むことは当然だけどそういう人は何があってもたいていは観てくれるのでそれ以外の層の観客をどれだけ獲得できるかどうかというところがモノをいう。
すでにトワイライトは1作目が公開されていて日本にはアメリカやヨーロッパほどいないことがわかっているので前回とは違う方法をとって前回以上の数字を出すというのが今回の命題なのでしょう。
まあ、それがファンをもっともっと踊らせてやろうぜ!てとこだと思うですが(何枚も前売り作ったり、工作し放題な聖地合戦だったり)正直今作の宣伝方針には一人のTwilighterとしてものすごく納得できず不服ではありますが、今回の2作目がコケれば3作目、4作目がDVDスルーされる可能性もあるわけで、(可能性としては低いけれどもアメリカでも2作目がそれほど人気でなかったりして日本でもやっぱりパっとしなければあるかもしれない可能性だと思う)多少搾り取られることも甘受していたのですが…。

やっぱりもうダメだ~~~~!!!と思わずにはいられない企画の数々。
もうこんな公式はほかっておいてTwilighterはTwilighterでこの祭りを楽しみましょうよ♪
とか最近は思ってる。

前述のkiraさんもTwilightSNSをお作りなるそうですし、私も名古屋でまたオフ会でも企画しようと思ってます。前夜祭とかやってそのまま次の日みんなで初日に流れ込みたい。

1万円のファンミーティングはとりあえず保留です。エドワードは血反吐吐くくらい好きだけど、ロブがそこまで好きというわけではないので考えるところ。しかしロブはロブとして興味があるし、向こうの俳優さんは役を真摯に受け止め演じているのでそういうとこの話を聞くのは面白そう。でもそういう冷静な目で向かうとなんかあの場からは浮きそうな気もする。

なんにせよ公開までもうすぐ一月、いろいろと考えつつ最大限自分が楽しめる状態で初日を迎えたいものです。
(訳:これ以上変な企画たててくれるな)

スポンサーサイト

9月の読書まとめ

9月の読書まとめです。
といっても今回なんと2冊のみ!!実は漫画は割りと読んでるんですけど新刊で買った漫画のみ記録すると決めてるので買うまでして読むことほとんどないので~。う~ん。これからはその括りなくそうかなぁ。読書メーターは再読も記録できるからな。でも漫画はなんとなく手慰みに読んでしまうので再読とか含めると記録がめんどくさいんですよね。
とりあえず立ち読み・借り読み含め初読は記録してみようかしら?

8月怒涛の米澤穂信祭りでしたが、この「秋期限定栗きんとん事件」をもって飽きました(笑)古典シリーズ2作目「愚者のエンドロール」は途中放棄です。まあ、また気分がちょっとミステリーになったら読むことにします。
それだけ「秋期限定栗きんとん事件」が内容盛りだくさんで楽しかったってこともあるんだけどね。
なんにせよ9月は旅行など多くてなかなかゆっくりを読む休日というものが取れませんでしたね~。


9月の読書メーター
読んだの数:2冊
読んだページ数:585ページ

メディエータZERO episode3 (3)メディエータZERO episode3 (3)
読了日:09月05日 著者:メグ・キャボット
秋期限定栗きんとん事件 下 (創元推理文庫 M よ 1-6)秋期限定栗きんとん事件 下 (創元推理文庫 M よ 1-6)
犯人はすでに前半でわかってしまったけれど動機がもう少し友情に基づくものだと思ってたら・・・瓜野くんかわいそすぎ。小佐内さんの復讐定義はすごくよくわかってしまう。しかしその恐ろしい復讐を思い立った動機というのが、なんともかわいらしい(笑)小佐内さんにはかなわないな~。
読了日:09月01日 著者:米澤 穂信

読書メーター

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。