ホフクゼンシン

期間限定復活

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ジェイン・オースティン 秘められた恋』『ヴィクトリア女王 世紀の愛』

いつも映画を観た感想を書きたいと思うのだけど、どうしても心が未来に馳せる傾向にあるため“観た”映画より“観たい”映画を紹介するほうが好きなんです。


時代物も好き、ファンタジーも好き、総称して言うとコスチューム物が好きです。
寒くなる一気にファンタジーやら時代物が増える気がするんですがそんなことないですかね?
「ブーリン家の姉妹」とか「ある公爵夫人の生涯」なんかも観たかったのになんだかんだと先延ばしにしていたら公開が終わってたという…。したがって今度こそ!今度こそは映画館に見に行くぞ!という決意を旨に今回の「コスチューム物」映画紹介をしたいと思います。


『ジェイン・オースティン 秘められた恋』
映画→公式サイト

主演はアン・ハサウェイ。
物語の主人公は「高慢と偏見」(いろいろなタイトル訳がありますけども)で有名なジェイン・オースティン。
実は「高慢と偏見」は読んだことはなく、キーラ・ナイトレイの映画「プライドと偏見」が初見でした。これ観て“昔も今も乙女が妄想(と書いてゆめと読め)みることは同じなのね!”と感動したもんです(笑)。
その後「トワイライト」がこの「高慢と偏見」ほかジェイン・オースティン小説に大きく影響を受けていることを知りなんとしても読まなくては!と図書館で借りようとしたらすべて貸し出し中。昔の小説なので複数の出版社から違う訳者による文庫が何冊か出ているにも関わらず…。う~む、オースティン人気はすごいな。

さて、この映画はそんなジェイン・オースティン女史の副題の通り“秘められた恋”を描いたラブロマンスのようです。時代物恋愛の燃える点は今ではなくなってしまった「結婚及び恋愛におけるタブーによる壁」でしょうかね。2人の間にでっかく高い壁があればあるほど観てるこっちは楽しいわけです♪
ロマンス小説の元祖!といわれるオースティンがその小説書く際に影響を受けたという“恋”すでに心はときめきますね~。


『ヴィクトリア女王 世紀の愛』

→公式サイト


こちらの主演はエミリー・ブラント!偶然にも「プラダを着た悪魔」のアシスタントコンビですね~。
こちらの主人公はイギリス最高の在位記録を持つヴィクトリア女王。
この方、名前というよりは「ヴィクトリア王朝時代」という時代名としては知っていましたが、人物としてはあんまりこれといって何かしたという印象はありませんでした。

※余談ですがこの時代を舞台にした作品が大好きです。『エマ@森薫』とか『チム・チム・チェリー@あゆみゆい』もそうかな?メイドさんやら乳母(ナニー)やら本当は大変なんだけど!なんだか乙女が妙に憧れてしまう職業の多かった時代。

“イギリス帝国の絶頂期”だそうです。
そういえば万国博覧会=「万博」が世界で始めて行われたのもこの時代。しかも立役者はこの映画の主役2人だそうな。彼らがいなければモリゾーとキッコロも生まれたなかったのか…。←チガウ
あ、切り裂きジャックもこの時代だって~。てことはホームズとかもここですか?

まあ、そんなヴィクトリア女王とその夫アルバートが出会って恋して結婚するまでのお話のよう。
場面写真を見るとまだドレスとかが中世っぽい雰囲気。でもわりと軽めなとこがそれほど遠い時代でもない感じですね。
さて、時代の話ばっかりだったけど実はこのヴィクトリア女王が始めました!てことは結構たくさんあるらしい。

1、純白のウェディングドレス(昔はもっと濃くて派手な色が多かったんですと)
2、3段のウェディングケーキ(シュガーケーキだったそうな)
3、クリスマスツリー
とにかく2人は子沢山で、お互いに仕事をしつつそれでいて家庭をとても大事にしていたんだとか。
仕事でも支えあい、家庭においては寄り添いあい…なんだその理想夫婦。
まあ子供9人はさすがに王家だからできた話だと思いますけど(面倒見てくれる人がたくさんいるから)めずらしく恋愛結婚だったこととか、妻が女王であってもそれ以上出るでもなく卑屈になるでもなかっただんな様のアルバートとか、異国からきて自分を支えてくれるアルバートをきちんと気にかける妻・ヴィクトリアとか、とにかく彼らは公私においてまさに生涯の伴侶、パートナーだったようですね。

たまたまネットで見つけたこちらの論文がこの夫婦とそれがイギリス国民たちにどのように影響したかというとこがよくわかります。学生さんの論文なので難しくなくてよいです。
http://www.cc.kyoto-su.ac.jp/~konokatu/tatsumi(06-1-28)


しかしこのだんな様のアルバートさんは41歳の若さでなくなってしまったそうです。結婚生活は20年くらいですかね。それから女王は表に出ることも少なくなってずっと喪服で過ごしたそうな。
すごくすごく愛してたのね…。男性としてだけでなく人間としても。
さらにこの女王がずっと喪服だったことで黒い服が流行ってそれに合うジュエリーも流行ったとか。

帝国の絶頂期を作りあげ、9人もの子供産み、夫を愛し愛され…。最愛の夫の早世はあまりにも悲しい不幸ではありますが、女子としてはいろいろ憧れるとこのある方ですね。
婚活のお守り代わりにでも観てみるといいかもww

逆にジェイン・オースティンは結局報われない恋だったわけですが、できる女ってのはやっぱりイイ恋してるんだよね~。

たとえ独身であっても仕事に生きがいもってキラキラ輝いてる人ってのはモテてるんですよ!それもそこらのヘボ男じゃなくてイイ男にさ。

女を強く美しくする恋をしろ!男を探せ!てことね。
男を見る目を磨こう。

男といえばそれぞれの相手役、
ジェインの方はどっかで観たことあると思った「ナルニア国1」のタムナスさんだった(笑)その後アンジェリーナのアクション映画「ウォンテッド」で気弱なダメ男演じてたな。
ヴィクトリアの方はジェイン・オースティン原作・キーラ主演の「プライドと偏見」でこれこそ本当のダメ男な将校の役の人だったよ。
俳優さんはすごいな~。

スポンサーサイト

ニュームーンの予告流れなかった・・・

ニュームーンのファンミーティングを検索してこのブログに来る人が多くて申し訳ないことです。
ファンミーティングの感想がないどころかあるのはそのファンミーティングに苦言を呈した記事のみという・・・。ごめんなさい。

昨日「きみがぼくを見つけた日」を観てきました!
そこでニュームーンの新予告流れるかな~と思ったんですが流れたのは特報でした↓残念!

トワイライトサーガ ニュームーン公式サイト
しかしこの予告、映像はいいんだけど(アメリカの切って貼ってしてるだけだしね)合間合間に流れる煽り文句センスなくて萎えます。
何度も何度も“禁断の恋”を連呼して…安っぽい。別にそんなこと原作では誰もいっちゃいないし。
“スペクタクル・ラブ・ファンタジー”これで引いちゃって観るのやめようとする人絶対いるな。
2作目がどんなテイストかは監督が変わったからまだわからないけど少なくとも1作目はこんなベタベタな煽りがくるような映画ではなかったのに。箇条書きにした中身ばかりを並びたてて全然この作品のよさを伝え切れていないと思う。
加藤ミリヤのピンクすぎるほっぺが気になります。


トワイライトとはなんら関係ないですが、予告といえば「のだめカンタービレ 最終楽章」これは期待大でした。
ストーリーや演出は多分ドラマまんまでならスペシャルドラマでいいじゃん。て感じですけどこのドラマ映画が唯一映画館でやる意味があるところ、それは「玉木宏を大画面でみれる」ではなく、

クラシックコンサートを大画面で大音響で体感できる!

この一点だけで映画館でやる意味があるな!と思いました。予告だけで感動した!音楽に。


そうは言っても「きみがぼくを見つけた日」で主人公2人の結婚シーンがあるのですがそれ観ながら、“早くエドワードとベラの結婚式が見たいな~”などと考えていた、幸せな人間です。私は。
映画自体が気に入らないんじゃなくて、これは日本の配給の宣伝にセンスがない。

夢色パティシエール

けっこう面白いというニコニコの評判を聞きつけ『夢色パティシール』を観てみたのだがこれが本当にけっこう面白いww

ケーキを食べること以外、何のとりえもないと思っていた14歳の女の子・天野いちご。やりたいことさえ見つからない毎日の中、聖マリー学園の講師・アンリ先生との出会いが、いちごの運命を変える。

『おばあちゃんの味を再現したい!』

初めて見つけた夢――それを叶える為に聖マリー学園へ転入したいちごに、伝説のスイーツ精霊との出会いが訪れる!
腕はまだまだ初心者で失敗の連続だけど、いちごはお菓子作りへの想いと努力で一歩ずつ階段を登っていく。

いちごの夢はまだ始まったばかり!!


あらすじは公式サイトより↓


やっぱり主人公に好感が持てるかどうかは大きいね。ドジでおっちょこちょいでがんばり屋という少女漫画鉄板の主人公いちごちゃんなんだけど、嫌味なとこがなくてよいです。
そしてちっちゃい精霊ちゃんがかわいいかわいい!ああいうの大好きvvショコラとかBINGすぎますけどww
EDの歌が頭から離れない!ちなみに2番目に出てくるストレートロングなのがショコラちゃんです。一番目の子は雛苺ではありませんww




実はもともとこの松本夏実さん好きなんだよねw漫画もけっこう持ってます。
さすがにこの年なのであのでっかいおめめに引いて売ろうかどうか迷っては、読み返すと面白くて売れないというループにハマってます。昔からストーリーがなんか好きなんですね、この人。
主人公はもちろん相手の男の子にもストーリーにも嫌味がなくてすごく素直なんだな。
話は鉄板の少女漫画ですが、設定とかがわりといろんなジャンルの漫画の影響を感じます。それらをうまいこと素直な少女漫画に料理できるというべきでしょうか。

なんにせよ久々にキラキラした気持ちになれました☆これからも応援しよ!
しかし見た後にケーキを食べたい衝動に駆られるのが困るっちゃ~困る。太る体質じゃないからそれはいいんだけど、お財布がさみしいので。。。ケーキて高いのさ。。。

夢色パティシエール 1 (りぼんマスコットコミックス)夢色パティシエール 2 (りぼんマスコットコミックス)

そのうち漫画も買いたいな~
それからカードゲームやりたいwwこれすごく面白そう♪

夢色パティシエールマイスイーツカード パーティーセット
コナミ (2009-10-29)
売り上げランキング: 10858


blogのデザインもケーキに変えてみましたww
すぐ影響を受ける。。。

しかしカラフルな記事になったw
やはり少女漫画はキラキラしていないとな!

10月読書まとめ

11月ですね~。11月はわりとどうでもいいので早く終わってほしい。
というわけで11月になったとたんの10月の読書まとめです。最近更新こればっかりだあね。

先月はファンタジー月間かな。
なぜか急にアニメの「獣の奏者エリン」を観だしたら原作の方が読みたくなって文庫が出てたこともあり購入。アニメもわりと好きなんだけど割と思いエピソードとかを子供にもショックなく描くために出てきてるんだと思われるあのデカチビの2人組みがすごくいらない。あの2人さえいなければ大幅な改編はそんなに気にならないんだけど…。あの2人だけはダメだ~。そして王獣のバランスの悪さが気になって仕方ないな。というかなぜか王獣は鳥面を想像しちゃってたんですよね。ちゃんと顔は狼みたいって書いてるのにさ~ぁ!
十二国記は人生に迷ってるときとかによく読みます。結構心に響く言葉が多くてね。中でも楽俊の言葉を聞いてると背筋伸ばして今日もがんばらねば!という気になる。楽俊はそれを気負わず自然に思わせてくれるから大好き。彼に拾われたら当にこんな私でも生まれ変われるんじゃないかという気になるもんね。
十二国記もアニメ、陽子と一緒に渡ってきた同級生2人いらんかったな。“人間は十二国から蓬莱には渡れない”て原作にしっかりと書かれてる設定も無視だし。あとアツユ(漢字探すの面倒です)の話で延王が「ここにもう一人の俺が眠っている」だかなんだか言ったセリフも気に入らない。小説では対比されてたの更夜と六太でアツユと尚隆じゃないのに…。
そして最大に気に入らないのが最後に楽俊が慶の大学に編入してくるってやつ。もうはぁ~???と思ったね。だって慶なんて復興もままならない状態で大学がきちんと機能してるかもわからないし、エン国(漢字出てこない)の大学は十二国一、最大国の奏国よりもすごいとこでそこを主席で入れちゃったくらい楽俊はすごかったのになんで編入しなきゃならんのだよ。
なんか近くにいないとお互いがんばれないみたいな2人の友情をうすっぺらいものにされたのがとても不愉快でございました。
一番好きな図南はやらなくてよかったかも。供麒のデザインちょっとひどかったし。まあそれはいいか、どうせ最後の最後に殴られるくらいしか出番ないからww珠晶の声もちょっと想像とは違ったのでやっぱりやらなくてよかったかも。でもいつか映画にならないかな~と思ってる、キャスト変えて。

漫画は3冊、コルセットはまだちゃんと買い続けてる。ついにバードさんとクリスがあったのよ!前巻ほとんど地ならしで今巻で動き出し、次巻ちょっと波乱ありみたいな気がする。楽しみだ!
ゴーストも次回最終巻ぽい?でも一番最新の話もやるとしたらまだもうちょいあるかな。
そして観用少女!これ大好きなんですけどね。もう続きないの当に寂しい…。もっともっとたくさんの少女の物語が読みたかった。感想にも書いてるように一番好きなのはメランコリィの花冠、あと割りと自分に近いかな~て感じで好きなのが女優さんの話。誰かのために笑顔で待ってるより、笑顔で待ってる人のためにがんばりたい人間だった~みたいなくだりに、なるほどな~と思いました。私もどちらかというとそっちかなぁ。

植物図鑑はいつもどおりの有川節でそこが好きなんだけどそこが嫌だったりでこの人の書く話を読むときはいつも複雑。男子の心理がね、ありえないのが…。うん、ありえないのは当然なんだけど少女小説のような清廉潔白な男が女性の理想どおりの男でも絵に描いた餅なので別にいんだが、変に欲望とか持ってる男を描いててなおかつ女性の望どおりだからちょっと寒くなるんかな。
ただ、今回の感想はけっこうHITだったみたいで☆たくさんいただきました!わ~い☆

長くなったけどもそんな感じの10月。
再読が多くてなかなか新刊をじっくり読むだけの気力が確保できなかった月でしたね。図書館で借りても読みきれずに返すことが多かったな。



10月の読書メーター
読んだの数:9冊
読んだページ数:2438ページ

獣の奏者 2 王獣編 (講談社文庫 う 59-2)獣の奏者 2 王獣編 (講談社文庫 う 59-2)
読了日:10月29日 著者:上橋 菜穂子
図南の翼―十二国記 (講談社X文庫―ホワイトハート)図南の翼―十二国記 (講談社X文庫―ホワイトハート)
夜中に流し読み~シリーズの中で一番好きな話。私もわりと恵まれた環境で育った人間なので珠晶の言うことに共感・感銘します。
読了日:10月29日 著者:小野 不由美
獣の奏者 1 闘蛇編 (講談社文庫 う 59-1)獣の奏者 1 闘蛇編 (講談社文庫 う 59-1)
文庫が出たので購入。さらっと再読。記憶に残ってたよりも文章がずっと易しかった。ちゃんと児童といわれる年齢の読者にわかるように書かれてるんだな~。子供のころにこんな話を読んだ子はどんな大人になるのかしら。
読了日:10月26日 著者:上橋 菜穂子
植物図鑑植物図鑑
これぞ正しき草食系男子!「マテ」と「ヨシ」は2つそろって初めて成り立つもの。男子は「マテ」だけできてもダメ!「マテ」ができないような男はもっとダメ!てとこかな?出てくる草料理は興味深くはあるけれど狩って料ってくれる人がいなければ自分ではやらないな~。
読了日:10月25日 著者:有川 浩
コルセットに翼 5 (プリンセスコミックス)コルセットに翼 5 (プリンセスコミックス)
読了日:10月24日 著者:もと なおこ
黄昏の岸 暁の天(そら)〈下〉―十二国記 講談社X文庫―ホワイトハート黄昏の岸 暁の天(そら)〈下〉―十二国記 講談社X文庫―ホワイトハート
麒麟とは民意の具現化で憐憫の情を持つ獣・・・であるにも関わらずこんなに性格が個性的!
読了日:10月12日 著者:小野 不由美
黄昏の岸 暁の天(そら)〈上〉―十二国記 講談社X文庫―ホワイトハート黄昏の岸 暁の天(そら)〈上〉―十二国記 講談社X文庫―ホワイトハート
なぜか十二国記祭り中
読了日:10月12日 著者:小野 不由美
眠れぬ夜の奇妙な話コミックス 観用少女 III (ソノラマコミックス 眠れぬ夜の奇妙な話コミックス)眠れぬ夜の奇妙な話コミックス 観用少女 III (ソノラマコミックス 眠れぬ夜の奇妙な話コミックス)
また別の仕様で出てるんだ!と思ったけど未収録収録との帯文句に惹かれ購入。どの未収録作品にも満足を感じるとともにこれでもう新作ないのか~と思うと残念でしかたない。やっぱりメランコリィの花冠が一番傑作!せっかくだから1,2巻も買おうかな~。
読了日:10月11日 著者:川原 由美子
ゴーストハント 11 (講談社コミックスなかよし)ゴーストハント 11 (講談社コミックスなかよし)
序盤次々に人が消えて変わっていくの全然気づかない辺りはぞわぞわと背筋が凍ったけど、最後は浄霊だったの最後の後味がとてもよかった。が、ちょっと拍子抜けでもあったり。
読了日:10月10日 著者:いなだ 詩穂,小野 不由美

読書メーター

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。