ホフクゼンシン

期間限定復活

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

男と女の不都合な真実 The Ugly Truth

映画の予告編とか観るのが好きです。
よくだまされますけどね。

全然違うじゃん!!

て。
でもそれが映画の宣伝マンの仕事ですから。
「予告が面白そうだったので観にいったら全然違う話だった、だまされた・・・」てのは褒め言葉ですよ。してやったりですよ☆
いや、本当は楽しんでもらえるのが一番イイて思ってると思いますけどね。でも仕事だもの、好きな映画だけ面白い映画だけ宣伝できるわけじゃないでしょう。
スーパーの人だってピーマン嫌いでもピーマン特売ならピーマン売らなきゃいけないしね!!

【男と女の不都合な真実 The Ugly Truth】
映画


最近知った映画だけどかなり好み!カモ。話が読みやすいラブコメは好きです。お約束好きにはたまらないのさ!
キャサリン・ハイグルはすっかりラブコメ女優の仲間入りだね~。いいよね、この子おっきくて迫力のブロンドのわりにドジなしぐさとかも似合ってるし、どことなくにくめない感じがラブコメにしっくりくる。笑顔にすかした感じがないんだ~。
それでいて当然美人さんなので画面を見ていて楽しい☆
「幸せになるための27のドレス」でもワードローブとして着てる衣装がどれも品があって素敵だった~♪

この「27のドレス」で主役の2人が結婚式で一番好きな場面は「花嫁が式場に入場する瞬間の花婿の表情」ということで意気投合するんだけど、私も実際友達の結婚式でこの瞬間を見ようとしていつも見れないで終わる・・・。だって絶対「入り口にご注目ください」てアナウンスが入ってみんながいっせいに入り口を見るから一人だけ逆向いて花婿なんてみれないんだよね~。次回こそは!!
あれ?ひょっとして自分が花嫁になれば自然に見れるじゃん??・・・・・・いつだくるんだよ~その瞬間orz

「27のドレス」では我らがジェームズ・マースデンが相手役を務めてますが、こちらは肉体派?ジェラルド・バトラーです!
なのにこのジェラルド・バトラーなんだか妙にさえないおっさん臭がしま…せんか?まあ、役柄としてはそれで合ってるようなので役作りのダメ男なのかな?それともホントにゆるんじゃったの??
日本じゃ“美男美女待望の共演”とか宣伝で煽られているようですが、大丈夫でしょうか?まあ元からまったくかっこよくないってわけじゃないけども~。


ポスターがすごくシンプルでかわゆい!(しかも映画のテーマがちゃんと描かれてる)
他にトイレマークみたいなおそらくティーザーだと思われるポスターとそれぞれ一人ずつとトイレマークのバージョンが2つで上のとあわせて計4種類あるみたい。

映画映画映画


最初トイレマークが飾ってあって数ヶ月後訪れたら主演二人に変わってるってのは劇場とかでみつけたら「おお!!」てなるかも。日本もこれこのまま使ったらいいな~。

ちなみにあらすじはこんな感じ↓↓
まさに王道ラブコメ!理想通りの男より自分をわかってくれる男に女は弱い?!
日本の公開は8月だそうな。
なのにまだ公式サイトもないみたいなんだけど・・・??

アビー(キャサリン・ハイグル)は、美人で頭も良いテレビ番組のプロデューサー。完璧な女である自分に合う完璧な男を求めるあまり、縁遠くなっていた。

彼女の場合、恋もうまくいかなければ、仕事もうまくいかず。担当番組は視聴率低迷でクビ寸前! 上司が起死回生を狙って抜擢したのは、男の本音トークで高視聴率を稼ぐ番組「The Ugly Truth(みにくい真実)」の恋愛パーソナリティのマイク・チャドウェイ(ジェラルド・バトラー)。エッチなジョークばかりを飛ばし、アビーの理想の男性像=ゲイの条件だと嘲笑うイケ好かない男。それなのに上司命令で、アビーはマイクと無理矢理チームを組まされることに。ところが、3%を下回る視聴率は、マイクの出演を機に、日に日に上昇し12%を記録する。

そんなとき、アビーは理想の男性と出会う。引っ越してきたばかりの隣人、形成外科医のコリン。コリンはアビーが男性に求める10項目=ルックス、キャリア、性格もクリアーするイイ男。
するとそれを知ったマイクは、「もしコリンを振り向かせたければ、俺の言うことを聞けよ。もし、失敗したら職を辞す」と言う自信満々な交換条件を提示。同意したアビーにマイクは早速「説教は禁止、相談も禁止etc」と、男の“本音”と“真実”を教える。効果てきめん! アビーは見事コリンの興味を惹くことに成功するが……。



続きにトレーラーおいてありまっす。
表に出すと重いんで。

URLはこちら→http://www.youtube.com/watch?v=6ke2BNQaj34



英語はよくわかんないけどあらすじ頭に入れて見るとどんな場面かはなんとなくわかります。
唯一ホットッグを「ゆっく~り食べろ」といってるのはわかりますが(笑)そうとう低脳ですな!

-2 Comments

白米コメ@主 says..."Re: 「SATC」好きな人に"
Sanchanさん

こんにちわ~☆

SATCに始まり過激モノ好きなので楽しみにしてる映画でした。
この間観てきましたがやっぱりこういう言葉遊びモノは英語わかんないと伝わりづらいですね。
吹替えがあってもいいかと思いますが、映画館の大音響でその手の言葉を連発するのはいたたまれなくて観てられなそうです。
そう思うと英語理解されてる方はかなり赤面モノな映画なのでしょうか?
2009.09.30 11:49 | URL | #- [edit]
Sanchan says..."「SATC」好きな人に"
ピッタリな映画だなって思いましたよ!
アメリカでは映画公開直前の週になると、俳優さんが朝の番組を梯子して映画の宣伝をするのですが、ジェラルド・バトラーがいかにこの映画通りの男性かよ~くわかって面白かったです。彼って普段から過激でエッチな話がお好きなよう。
2009.09.06 11:00 | URL | #SyAixjJA [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://hakumaikome.blog51.fc2.com/tb.php/125-73250a02
男と女の不都合な真実
男と女の不都合な真実 (原題:The agly truth)   またもやこの手の作品である。「いやなら観るな」とお叱りを受けそうだがそういうわけにはいきません。ひょっとしたら面白いかもしれないし、よい作品かもしれないじゃあないですか!だいたい邦題が「若いモンか女性に...
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。