ホフクゼンシン

期間限定復活

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

獣の奏者 エリン

新アニメ始まりましたね。
相変わらずアニメは毎週リアルタイムでおかっけてるのはクラナドAFのみです。後はとらドラ!を年末に一気見してハマったのでしばらくはおっかけようかな~と。

そんな中ちょっと気まぐれに手を出してみたのが『獣の奏者エリン』です。ちなみに原作は読破済み。
発売されてすぐにくらいに図書館で借りて読んだので多分おととしだったと思うのですが、その年のNo1小説でした。もともとああいった民族ファンタジーが好きなのでまさに直球ど真ん中ではあったのですが、守人シリーズより私は面白かったです。

そんな守人シリーズでのアニメの成功があったので(しかし私は見てないのですが)1話の出来はなかなかよい感じ。原作者が「目指すのはハイジ」というだけあってキャラデザはハウス食品世界名作な絵柄なので正直アニオタの方々にはちょっと抵抗あると思うのですが、絵本チックな背景はセンスよくておしゃれです。トウダが襲うシーンなどで絵柄を変えてくる演出もあの世界観にあっていてなおかつインパクトの強さで迫力が出せる良演出ですね。
これまたED映像がかわいいんだ。
そしてOPはスキマスイッチが本気出してました。なんだあのいい曲!!

ここ最近ではめずらしく1年放送:全50話だそうなのでこれは正直期待できそう。というよりこの話をやるんであればそれだけの期間確実に確保してもらわないと描ききれるわけがないんだけどね。
原作もそうですが、あの長さを読み進めたからこそ最後で「そうだったのか!そうだったんだ!」というなんともいえない爽快感・高揚感が味わえますからね。


でもアニメを見直してみて全然話を覚えてない自分に愕然でした。話は一話でまだ顔見せ程度の序の口なのですが、これから怒涛の展開が待ってます。それは覚えてるんです。でもなぜそうなってしまったのかとか、隠された力とか陰謀の話とか話の展開は覚えてるのになぜそうなるのかという肝心要の部分をまったく覚えていない・・・。
これはもうもう一度読み直したいと思うので原作を買いなおそうかなという勢いです。どうやら文庫が出たらしいのだけど子供向けの青い鳥文庫らしくて↓↓どうにか大人向けの十二国記の講談社文庫みたいなの出してくれないですかね。ハードは思いしかさ張るんだもの。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://hakumaikome.blog51.fc2.com/tb.php/68-d2c37cc9
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。